ウーーノ先生の音楽の時間

楽譜とお友達!音楽で遊ぶぅ〜の!

キーンコーンカーンコーーーン♪ はい、席についてぇ。これから、ウーーノ先生の音楽の時間をはじめます。

「楽譜が読めない」とか「クラシックって難しい」と感じている方って、意外と多いようです。ピアノを習ってるのに、「楽譜が読めない」という話も聞きます。そんな方にこそ、楽譜の素晴らしさ、楽しさを伝えたい!楽譜は「楽しい」という文字が入ってますしね。 演奏だけでは伝えられないので、その思いを文字にしてみました。

楽譜には実にいろんなことが書かれているんです。音の高さ、強さ、長さ、指遣い・・・いえいえ、もっとたくさんあります。作曲家からの隠されたメッセージがあるんです。「隠された」といいましたが、隠しているわけではなく、「当たり前すぎて書かなかったこと」があるんですよ。

だから、改めて、「音楽の普通」を知ることで、「音楽の面白い」を発見できることがあると思います。ピアノパフォーマー:ウーーノが普段、楽譜を見て「おもしろい」と思っていることを、一緒に見てみませんか?

楽譜とお友達になって、音楽で遊ぶ。そんな方がちょっとでも増えるといいなって思って、「ウーーノ先生の音楽の時間」というコラムを書いていこうと思います。聞いてみたいことがありましたら、【contact】からメールを送ってくださいね。

「もっと知りたい!」という方はぜひ【うのピアノ教室】へ! お待ちしてます♪

ピアノであそぼう2〜作曲してみよう

さあ、ピアノで作曲してみよう!!! えっ?!むずかしい? 今回は、かんたんにできる作曲のしかたをお教えしましょう。 1.まずデタラメにピアノをひいてみよう どんなふうでもいいです。長くてもいいし、短くてもいいし。適当なと […]

ピアノであそぼう1〜まねっこピアノ

みなさん、ピアノ練習して・・・まちがえました みなさん、ピアノであそんでますか?! せっかく「ピアノ」という大きな遊び道具があるので、ぜひあそんであげてくださいね。ピアノ教室で課題曲がでた。それを仕上げていくのも一つの遊 […]

「音符の名前」の本当の意味は、小学3年にならないと分からない?!

下の音符の名前は何というでしょう? 答えは「4分音符」ですね。ところで、なぜこんな名前になったのでしょうか? 英語で何というか知っていると、ピンとくる方も多いかと思います。「Quarter note」(クオーターノート) […]

ずっと「怒ってる人」っていますよね

たまに「ずっと怒り続けてる人」っていますよね。「怒る」ってとてもエネルギーを使うので、「怒り続けられる人」ってすごいと思います。その反面、そのエネルギーをもっと別のところに使えばいいな、とも思います。 だって、「怒ること […]

「遊び」は「心のゆとり」

みなさん「遊んでますか!?」 「遊び」というと仕事をせずに怠けている印象がありますね。でも、「遊び」ってとっても大切な感覚のような気がします。 辞典で調べてみると ①あそぶこと。なぐさみ。遊戯。源氏物語桐壺「御心につくべ […]

「演奏」の「演」は「演技」の「演」。みなさん演じてますか?

みなさん、ピアノを演奏するとき、演じてますか? 「うまく弾けない」と怒ったりしてませんか?だいたいうまくいかない時というのは、「演じていない」ときが多いです。「演奏」の「演」という漢字は「演技」の「演」です。つまり、演じ […]

ピアノを弾く指の動きだけで曲名ってわかる?

音楽って聞いて楽しむものですよね。でも、見る楽しみもありますね。ピアニストがピアノを弾く姿。かっこいいですよね!音楽ホールでピアノ演奏を聴きに行く時、皆さんはどこに座りますか?音がよく飛ぶ舞台向かって右側?それとも、手が […]

休符も音楽。お休みばかりの4分33秒

音を鳴らす記号「音符」ばかりが音楽ではありません。音がを鳴らさずにいる記号「休符」もまた音楽です。 クラシックの作曲家の方々は、ちゃんと音をどこで止めて欲しいか、ということを休符を使って教えてくれているんです。意外とこの […]

練習ってどのくらいすればいいの?

よく「ピアノの練習ってどのくらいすればいいですか?」という質問を聞かれます。みなさんは、どれくらいピアノの練習してますか?30分?1時間?5時間? はたまた、1回通すだけ? 空いてる時間は全部?いろんなこたえがあると思い […]

ト音記号ってどういう意味?

「ト音記号」ってなんで「ト音記号」って名前なの? 前回の【ドレミファソラシドはどこの国のことば?】を読んでいただいた方は、すぐにピンと来ますよね。 日本語の音名の中に「ト」という音がありますね。イタリア語で言えば「ソ」の […]

一覧を表示