ウーーノのこと

ピアノパフォーマー:ウーーノのご紹介

ピアノパフォーマー:ウーーノ

ピアニスト/トイピアニスト/ピアノ講師
ピアノ音楽の素晴らしさを伝える人

ピアノの演奏を通して、音楽やアートの素晴らしさを伝えていきたい。
そんな願いを「per(越える)」+「form(型)」という文字に込めました。
動けるピアニストを目指してます。

【キーワード】あそび よりみち

【プロフィール】

本名、宇野正志。岐阜県岐阜市出身。
岐阜県立岐阜高等学校卒業、
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、
東京音楽大学大学院修了。

1999年、第12回岐阜市民芸術祭《第1回新進演奏家コンサート》オーディション合格。同演奏会出演。 2000年、第10回日本クラシック音楽コンクールにて審査員特別賞受賞。 2002年、第10回ヤングアーチストピアノコンクールFグループ金賞・桜井賞受賞。 調律師協会主催「4・4コンサート」出演。内部奏法を有するエッケルト「ワンマンバンド」を日本初演。 中部読売新聞社主催新人演奏会出演。東京音楽大学主催卒業演奏会(トッパンホール)出演。 金井勇氏の委嘱作品「ピアノソナタ」を初演。 2004年、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート「シュトックハウゼンの世界」に出演。「ピアノ曲第13番~ルシファーの夢」を演奏。 2005年、第14回ABC新人コンサートオーディション合格。同演奏会出演。 2005,07,08年 ピアノソロリサイタル開催(岐阜メルサホール)。 2013年、平成24年度岐阜市芸術文化奨励賞を受賞。2015年、サラマンカホールにて「水の音楽」開催。自身が撮影した映像に合わせてピアノ演奏を行った。

大学ではクラシックを学んだが、スクリャービンから始まりショスタコーヴィチなどロシア音楽を経て、現代音楽に興味を持つようになる。 レインボウ21サントリーホールデビューコンサートでは東京音楽大学の企画「シュトックハウゼンの世界」に出演。 演劇的要素を含む大作、シュトックハウゼン作曲のピアノ曲13番「ルシファーの夢」を演奏。 現在でも、現代音楽の普及につとめている。

2008年に岐阜市民芸術祭「新進演奏家コンサート歴代出演者による18名の競演」で岐阜市文化センター小劇場にてジョン・ケージの作品「トイピアノのための組曲」をカワイ楽器のミニピアノにて演奏以来トイピアノ演奏にも力を入れる。また、演劇的要素を含むオリジナル作品「鳳 -ageha- op.1」を初演。

2009年にシェーンハット製のトイピアノに出会ってからは、その音の魅力にひかれ、「ピアノパフォーマー&トイピアニスト:ウーーノ」として活動を開始する。 2009年10月3日、岐阜で行われた「信長祭り」開催時の路上ライブがデビューとなっている。 美殿町のたい焼き屋「福丸」さんの前で「およげたい焼きくん」のジャズバージョンアレンジなどを演奏した。

それ以来、おもちゃのピアノを持ち歩いて街をよりみちしながら演奏してまわる「よりみちコンサート」は、年間100回をこえる。 トイピアノを逆向きに演奏しながら歩く姿は街の名物!?となっているとかいないとか。 ホームページなどでの事前告知もしているが、「よりみち」という感覚で行うため、「twitter」にて現在位置の報告などをして演奏告知している。 岐阜市街ではじまった「よりみちコンサート」は、現在全国に広がっている。 2017年4月5日に47都道府県を全県よりみち制覇。 演奏依頼も承ります。

「動けるピアニスト」を目指して活動中

きて
みて
よって
きいてって

[短めのプロフィール]
岐阜市出身。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学院修了。 現在、シェーンハット製のトイピアノの音にひかれ、おもちゃのピアノで小さな演奏会「よりみちコンサート」を全国で開催中

メディアへの出演・掲載

[テレビ]
■2018年3月25日 中京テレビ『夢R人生』に出演。
■2017年1月27日 メーテレ『ドデスカ』に出演。
■2015年6月20日 NHK総合『ウィークエンド中部』にて再放送。
■2015年5月26日 NHK岐阜『ほっとイブニングぎふ』に出演。
■2013年2月6日 東海テレビ『xMusic(クロスミュージック)』に出演。
■2011年11月12日 中京テレビ『ゲンキのトビラ』に出演。
■2011年5月7日 ぎふチャンテレビ『フォーカスぎふ』に出演。
■2010年2月3日 CBCテレビ『イッポウ』の特集に出演

[ラジオ]
■2015年6月11日 岐阜ラジオ『月~金ラジオ2時6時』に出演。
■2011年7月29日 岐阜ラジオ『歌のない歌謡曲』に出演。
■2011年2月1日 岐阜ラジオ『月~金ラジオ2時6時』に出演。
■2010年4月3日 FMわっちに出演
■2010年2月10日 東海ラジオ『美味時間(う~まいタイム)』に出演
■2010年1月19日 CBCラジオ『ごごイチ』に出演
■2010年1月12日 岐阜ラジオ『月~金ラジオ2時6時』に出演
■2009年11月14日 FMわっち『岐阜の未来』に出演
■2009年11月7日 FMわっち『岐阜の未来』に出演

[雑誌・フリーペーパー・新聞]
■2018年6月発行 フリーペーパー「クララ35号」に掲載
■2018年3月4日 岐阜新聞朝刊に上宮寺での公演模様が掲載
■2017年11月19日 中日新聞朝刊「お仕事ファイル」に掲載
■2017年9月14日 岐阜新聞朝刊にコロムビア・ファッション・カレッジでの公演模様が掲載
■2016年11月発行 フリーペーパー「咲楽 岐阜市city版」12月号~特集「年末年始、街は音楽であふれてる!」&表紙に掲載
■2015年5月発行 フリーペーパー「クララ17号」に掲載
■2014年7月発行 フリーペーパー「ヴィヴィ61号」に掲載
■2013年12月1日 岐阜新聞朝刊に陽南中学校での公演模様が掲載
■2013年12月発行 フリーペーパー「月刊ぷらざ」12月号に掲載
■2013年11月発行 フリーペーパー「咲楽 岐阜市city版」12月号~特集「年末年始、街は音楽であふれてる!」に掲載
■2011年10月14日 中日新聞朝刊に掲載
■2011年6月26日 読売新聞朝刊に掲載。
■2010年9月22日 中日新聞朝刊に掲載
■2010年7月発行 フリーペーパー「vivo」に掲載
■2010年4月26日 毎日新聞朝刊に掲載
■2010年3月発行 フリーペーパー「a un」に掲載
■2010年2月10日 朝日新聞朝刊に掲載
■2010年1月15日 中日新聞朝刊に掲載
■2009年12月26日 岐阜新聞朝刊に掲載
■2009年10月17日 中日新聞の中日岐阜ホームニュース「どまんなかVol.65」まちかどニュースに掲載

■2009年4月1日 GIFT7号「岐阜人」掲載
■2009年3月21日 中日新聞の中日岐阜ホームニュース「どまんなかVol.58」掲載

レパートリー・作品紹介

コンサート情報

1
2
3
4
5
よりみちコンサート 14:00
よりみちコンサート @ 紅茶専門店くらぜん
6月 5日 14:00 – 14:30
よりみちコンサート @ 紅茶専門店くらぜん
トイピアノとピアノの演奏会。Mチャージなし。1ドリンク制。投げ銭大歓迎です!  
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
第9回 うのピアノ教室ピアノ発表会〜みんなのよりみちコンサート 13:00
第9回 うのピアノ教室ピアノ発表会〜みんなのよりみちコンサート @ ぎふメディアコスモスみんなの森 みんなのホール
6月 16日 13:00 – 15:30
第9回 うのピアノ教室ピアノ発表会〜みんなのよりみちコンサート @ ぎふメディアコスモスみんなの森 みんなのホール
ピアノ発表会。講師演奏あり。今年の課題は「日本の作品」。  
17
18
19
20
【関係者向け】よりみちコンサート 09:45
【関係者向け】よりみちコンサート @ 茜部保育園
6月 20日 09:45
【関係者向け】よりみちコンサート @ 茜部保育園
関係者向けのピアノ&トイピアノコンサート
21
よりみちコンサート 14:00
よりみちコンサート @ 珈琲茶館 左岸
6月 21日 14:00 – 14:30
よりみちコンサート @ 珈琲茶館 左岸
トイピアノとピアノの演奏会。Mチャージなし。1ドリンク制。投げ銭大歓迎です!  
22
23
24
25
26
27
28
29
30

共演者の紹介

エリーゼさん

笛と太鼓の達人
生まれは○○。
東京都西新宿育ち。
誕生日:11月11日
星座:おとめ座
性別:女性。メス?
年齢:非公開

自称「太鼓と笛の達人」。普段は無口だが、ツイッターにてつぶやきまくっているらしい。[twitter]

【ウーーノとの出会い】2008年12月8日に、西新宿のビックカメラでエリーゼさんをみかけ、ウーーノがひとめぼれ。声をかけて、岐阜におつれしました。

【ウーーノとの共演】2009年10月4日に、岐阜で信長祭り開催時に美殿町のたい焼きや「福丸」前にて初共演。以来、共演を重ね、今ではウーーノ氏にくっついて 全国を演奏旅行している。

【レパートリー】

  • ウーーノ作曲/エリーゼとともに
  • ウーーノ作曲/エリーゼとともに第2番
  • ウーーノ作曲/ワンダフルライフ
  • ウーーノ作曲/エリーゼワルツ
  • モーツァルト作曲/ドイツ舞曲
  • ワルトトイフェル作曲/スケーターワルツ
  • ヨナーソン作曲/かっこうワルツ
  • 河は呼んでいる

ウーーノ使用のトイピアノ紹介

シェーンハット社
トラディッショナル・スピネット(25鍵盤)

『シェーンハットSchoenhut トラディッショナル・スピネット(25鍵盤)25Key Traditional Spinet』

何年も前からほしいほしいとは思っていましたが、ようやく2009年になって手に入れました。日本のカワイ楽器も、おもちゃのピアノ(ミニピアノ)を販売していますから、子供の頃に「トイピアノ」自体に触れた方は多いと思います。

違いはと言いますと、カワイのトイピアノは少しキンキンとした高い音なのですが、シェーンハット社製はは低めの音。まるで、でっかい円盤のついたオルゴールのような音です。メルヘンです。

ところで・・・トイピアノとは・・・?トイピアノは、鍵盤楽器であるピアノを模して作られた子供向けの玩具。ピアノは弦をハンマーでたたいて音が出るが、このトイピアノは弦ではなく金属棒、又は金属管が用いられる。鍵盤は金属棒をうつためのハンマーとつながっていて、鉄琴のような金属独特の輝きのある音色がでます。1872年にフィラデルフィアで、ドイツからの移住者アルバート・シェーンハットによってはじめて開発されたそうです。

つまり、シェーンハット社はトイピアノ界の老舗ってことですね。

シェーンハットのトイピアノは、金属棒をたたいて音をだします。1オクターブから3オクターブまでのものがありますが、ウーーノが使用しているトイピアノは【C音~C音】までの2オクターブのものです。重さは8キロぐらいあるけど、首からぶら下げるようなベルトをつけて、持ち運ぶようにしました。そのとき鍵盤は反対側を向きますが、歩きながら弾くことも可能です。