広島安佐北区の幼稚園でよりみちコンサート

2014年8月に広島で豪雨があり、被害がでました。山の土砂崩れなどがあり、開催がどうなるのか危ぶまれました。幸い幼稚園の周辺では被害がなく予定通り、広島県広島市安佐北区の幼稚園でトイピアノとピアノのよりみちコンサートを開催してきました。

JR可部線の途中駅では土砂が流入して一時不通の区間もありましたが、演奏の日までには復旧していました。しかしながらまだその頃の安佐南区などの街では復旧作業が続けられていました。

【よりみちレポート】広島安佐北区の幼稚園でよりみちコンサート

日時:2014年10月
エリア:広島県(広島市安佐北区、広島市安佐南区)

広島県の幼稚園によりみちコンサートを届けた後、広島県の広島市や呉市、山口県の岩国市をよりみちして回りました。

よりみちスポット

岐阜から広島県へ、廃線から復活した可部線に乗る

広島県広島市安佐北区の幼稚園「河戸幼稚園」にトイピアノとピアノの、よりみちコンサートを届けてきました。ほぼ始発の岐阜から出発です。金の信長さんに、行ってきます。

朝の東海道本線はさすがに空いてます。名古屋から博多行きの始発新幹線で広島に向かいます。

広島から可部線に乗り換えて終点の可部駅へ。

こちらの可部線は広島から来たのほうへ、「安佐南区」「安佐北区」という地域を通ります。2014年8月に広島で豪雨があり、被害がでました。その被害が大きかったのが、この安佐南区や安佐北区でした。

その際、JR可部線も土砂の流入の被害が出て、一時不通となっていた区間です。

電車から、土砂崩れの様子も見えます。

そんな中での演奏でしたので、大丈夫かな?とも思ってました。ですが、そんな中だからこそ、芸術が必要なのかなっていう思いで行ってきました。

終点の可部駅に到着。厳密にいうと、この頃の終点であった可部駅です。実は、この可部線はもともとこの先に路線があり、それが廃線された後、再び路線が復活した路線なんです。昨今、廃止される路線が多い中、珍しく復活しました。

自然豊かな風景を眺めながら行くと、不意に工事中の線路に出くわしました。これが、延長する路線なんですね。2017年に可部駅から2駅延長復活して、「河戸帆待川駅」と「あき亀山駅」ができました。現在の可部線の終点は「あき亀山駅」です。

河戸幼稚園でよりみちコンサート

可部駅から歩いて10分ほどで河戸幼稚園に到着。現在は、「河戸帆待川駅」が最寄駅でもっと近くなりました。

立派なグランドピアノもありました。小さな椅子が並んでいて可愛い!

元気一杯の幼稚園のみんなと音楽を聞いたり、音楽で遊んだりしました。

演奏終了後に現れたようかい手々てんも、元気一杯です。

被害が大きかった梅林駅周辺へ(2014年10月)

演奏を終えて、川沿いよりみちしてまわります。周りを見ると、こんもりとした山が連なっています。

川沿いに歩くこと1時間ほどで、可部駅から3駅の広島市安佐南区にある「梅林駅」に到着。

小さい頃に、時刻表を眺めていると、自分の名前と同じ駅や、出身の小学校や中学校と同じ名前の駅があったりすると、行ってみたいなって思ってました。

岡山県にある「宇野駅」にも行きました。出身中学校の「梅林」という駅があるのを知って、行ってみたいなって思ってたんです。

ようやく来れました!

でも、この駅の周辺があの豪雨で一番被害がひどかった地域なんです。鉄道路線も、この梅林駅の周辺が土砂に埋まりました。訪れた頃がちょうど復旧作業の真っただ中でした。

改めて、自然の大きさを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です