日本で一番小さな村「舟橋村」で再びコンサート、朝の富山をよりみち

富山には日本一小さな村があります。舟橋村です。「村」といっても、富山市からほど近くです。電車でも20分ほどでいけます。舟橋村で2回目のコンサートを届けてきました。今回はピアノとトイピアノ両方の演奏です。

演奏会の前に、朝の富山駅周辺にもよりみちしました。

【よりみちレポート】日本で一番小さな村「舟橋村」で再びコンサート、朝の富山をよりみち

日時:2015年3月
エリア:富山県(中新川郡舟橋村)

富山県の舟橋村で演奏会をした後、福井県、鳥取県、島根県と日本海側の地域をよりみちして回りました。最後に京都の伏見稲荷へ。

よりみちスポット

今は廃止された富山直通の特急しらさぎで富山へ

2015年のこの頃は岐阜から富山までは、特急しらさぎが便利でした。富山まで直通の特急が走っていました。ちょうどこのすぐ後くらいに金沢までの北陸新幹線ができました。岐阜から行こうと思うと、金沢で新幹線に乗り換えないといけないので少し不便になりました。東京方面からは直通で行けるようになりましたが・・・。

特急ひだも富山までいけますが、しらさぎに乗ったほうが早く着くんです。特急しらさぎはぐるっと回りますけど、直線が多い路線です。特急ひだは、ひだ川に沿って山をいくので、くねくねと曲がっていて、あまりスピードを出せません。

今回は、まだ直通運転していた特急しらさぎで一路富山へ。

北陸新幹線開業まで、すぐに迫った富山駅は、この頃まだ工事の真っ最中でした。こんな感じでも間に合うんですね。

朝の富山駅周辺をよりみち

舟橋村での演奏は、お昼過ぎの予定でしたので、午前中に少し富山駅周辺をよりみちしました。

富山駅の地下道をいくと、「Before I die…」と書かれた黒板が各地にあります。これは、2015年頃まで設置されていたものだそうで、ここを訪れた少し後に撤去されたそうです。

「死ぬまでにしたいこと・・・」

何をしようかな?!

富山駅の北口を出ると、近くにカナルパークがあるので、そちらに向かいます。公園の入り口あたりに球体のオブジェが。

こういうのって、ちょっと遊んでみたくなりますね。

どんよりと曇り空のカナルパーク。右手には、日本一美しいスターバックスがあります。やっぱり、水には青空が似合うかな。

舟橋村でよりみちコンサート

富山電鉄で越中舟橋駅へ。富山地方鉄道の駅前も綺麗になってました。

電車は安定のレトロ感。このスペース感が不思議。機械の位置も、不思議です。何か荷物でも載せるんでしょうか。富山電鉄の赤いシートもなんだかレトロ感があります。

「舟橋村」と言いますが、富山駅からはほんの20分ほどで到着。日本一小さな村として、有名です。前来た時と変わりない、越中舟橋駅。こちらの図書館で前回は演奏しました。

3月初旬だったので、彼方に見える、立山連峰が、まだまだ雪を冠しています。

舟橋村シルバー人材センター「舟橋会館」で演奏でした。この日はいろんなブースがあって、マッサージコーナーで手もみしてもらいました。

会場には、ピアノがあったんですが、トイピアノはロビーに移動して演奏。

「ぜひこちらで演奏してほしい!」という要望がありまして、外の景色と明かりがはいる、このロビーでトイピアノ演奏、そのあとで、ピアノのある会場へ移動するという二部構成にしました。

ロビーの階段やソファーを利用して簡易舞台を作って、外の風景を眺めながらお聞きいただきました。

おやっ?大きな何かがいますね!?

ハーティさんだそうです。ハートが書いてあります。ず〜っとブオーンっていう音がしてます(笑)

ようかい手々てんも発見しました。

前回訪れた時に美味しかった、「ばんころバーガー」を食べていこう!っと思って駅の喫茶へ・・・く、くろーず。。。

来る時やってたのに!

現在こちらの店舗は閉店してしまったそうで、他にもう1店舗のみで「ばんころバーガー」を販売しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です