郡上八幡で水のある風景を撮影

サラマンカホールで演奏した「水の音楽」の映像素材を撮影するために、郡上八幡によりみちしました。川の流れる風景や、鯉の泳ぐ風景を撮影しました。

綺麗な郡上の水を利用したうどん屋もご紹介します。

【よりみちレポート】郡上八幡で水のある風景を撮影

日時:2015年4月
エリア:岐阜県(郡上市)

鯉の泳ぐ姿を撮影するため、岐阜の郡上八幡と、愛知の白鳥庭園によりみちしました。

よりみちスポット

郡上へのアクセス

郡上八幡は夏の徹夜踊りで有名です。郡上へのアクセスは、岐阜や名古屋からの高速バスの他に、JR高山線美濃太田駅から長良川鉄道でも行くことができます。観光列車「ながら」に乗る旅もいいですね。

行き気が楽なのは高速バスです。岐阜からだと1時間、名古屋からだと1時間30分ほどで郡上八幡の中心「城下町プラザ」に着きます。

長良川鉄道を利用すると美濃太田駅から郡上八幡駅まで1時間20分ほどかかります。郡上の市街地までは少し歩きます。

今回は名鉄岐阜駅のターミナルから高速バスで城下町プラザまで行きました。

郡上を流れる長良川の風景

郡上を流れる川は長良川。夏になると、子供たちが高台から川へと飛び込む姿が有名です。

長良川の上流にあたるので、少し流れが速いです。岩場の合間を流れていきます。

郡上の街を歩いてみると、レトロなお店がたくさん。町家を改装したカフェなども増えてきています。

レトロな建物が並ぶ細い路地を抜けて行くと宗祇水があります。

白波が立つくらい急流です。

郡上八幡旧庁舎の脇を進んでいくと「いがわの小径」があります。こちらに鯉がたくさんあります。鯉の餌もありますので、エサやりができます。

鯉を撮影しようと思っていたのですが、欲しかった風景が、金色や赤色の鯉の風景。こちらは、黒色の鯉が多く、白や赤色が少しいる感じでした。

郡上の水で仕込んだうどんの「天野屋」

宗祇水のほど近くにあるうどんの「天野屋」。ランチもあるので、観光客の方だけでなく、地元の方も利用されるみたいです。

穴子の天ぷらざるうどん付きをいただきました。つるっとした喉越しがいい感じです。天ぷらもいろいろ乗って豪華な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です