九州初よりみち1〜フグの街、下関へ

夏の終わりに、よりみち旅に出かけました。2015年は「九州、主に長崎県」をよりみちして回りました。まずは九州の玄関口、関門海峡を歩いて渡る前に、山口県下関市の街によりみちしました。

下関というと、「フグ」のイメージですが、関門海峡を挟んだ向こう側の門司港と共に、レトロな街並みも残っています。

【よりみちレポート】九州初よりみち1〜フグの街、下関へ

日時:2015年8月
エリア:山口県(下関市)

山口県下関から歩いて関門海峡を渡り、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県の各地をよりみちして回りました。

よりみちスポット

下関へのアクセス

岐阜から下関までは始発だと、名鉄電車で新羽島駅へ。岐阜羽島駅から新幹線の「ひかり」に乗り換えるのが楽です。名古屋まで行って新幹線に乗るという方法もありますが、名古屋岐阜間を往復する形になるので、少し値段が高くなります。到着は20分ほど早く着く「のぞみ」に乗ることができます。

所要時間は岐阜羽島から新下関が3時間。そこからJR山陽本線に乗り換えて、10分ほどで下関駅に到着します。早速フグがお出迎えしてくれます。

新幹線でたまたまお隣になった手々てん。今日会社を辞めて、羽ばたくんだそうです!とっても不思議なご縁ですね。

駅前にあるリトル韓国「グリーンモール」

下関駅から下関の街をよりみちして回ります。駅前には、特徴的な建物がいくつか見えます。

駅には「シーモール」というショッピングモールがあります。どことなく船っぽいイメージです。

そして、何やら立派なお城のような建物。「ノートルダム下関」という結婚式場です。豪華な造りですね。

そしてなぜか「釜山」。日本なのに「釜山門」があります。下関と釜山は姉妹都市なんだそうです。下関から釜山を結ぶフェリーも出ています。この釜山門の先にある「グリーンモール」は「リトル釜山」と呼ばれているそうです。

グリーンモールによりみちしてみました。

キムチのお店があったり、どことなく色合いが韓国っぽいですね。

街のあちこちでフグを見かけます。不思議なオブジェもいっぱいありました。

下関にもある厳島神社

韓国街「グリーンモール」を抜けると、厳島神社がありました。厳島神社は「海上交通の安全」を祈願する神社です。ですから、海の近くだったら、各地にあってもおかしくないですね。

鐘の代わりに、大きな太鼓がかかっていました。

海が近かったので、海まで行ってみました。看板に「ギョレン」と書いてありますが、カタカナで書くと、ちょっと違和感がありますね。

海峡ゆめタワーから唐戸地区へ

下関駅から一際高い建物が見えています。「山口県国際総合センター」で通称「海峡ゆめタワー」。上に登ることもできるので行ってみます。

結構高い!153メートルあります。

入場料は600円で、エレベーターで一気に上まで登ります。関門海峡の風景が一望できます。

あそこに見える島が、決闘で有名な「巌流島」です。下関と門司港を結ぶ船で渡ることができます。1日10往復ほどあります。

関門大橋も見えます。観覧車もあります。その先に白い変わった建物も。白い建物は「市立しものせき水族館 海響館」という水族館です。

観覧車のところまで行ってみました。「はい!からっと横丁」・・・多分ハイカラな感じです。遊園地のような感じになってました。

この観覧車のあるあたりや、もう少し先にある唐戸地区には、レトロな建物が多くあります。「英国館」など。なので「ハイカラ」なのかもしれませんね。

やっぱりフグを食べなきゃ!「ふくの河久」で激安のフグ丼

下関の水族館をすぎて海沿いに行くと、唐戸市場があります。ここで海の幸もいただけます。歩いていて見つけました。

「ふく刺しぶっかけ丼」。880円!安い!

しのごの言わずにさっさと入店。「ふくの河久 唐戸店」へ。これが880円!?今は値上げしたかもしれませんが、安すぎ!

丼ご飯の上に、ふぐ刺しとフグの皮とネギが乗っていて、ポン酢をぶっかけてあります。フグ自体は味がないので、食感をいただく感じですね。

そういえば、先ほどのお店の外にある看板。ぶっかけ丼の方に目がいってましたが、左のほうに「ふくフライ定食」が480円!安い!

両方食べても良かったかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です