九州初よりみち18〜水の都、島原市

雲仙から島原へはバスで移動です。島原は熊本へのフェリーも出ている港町です。街のいたるところで噴水や、水の流れがあって、水の都といった感じがします。

【よりみちレポート】九州初よりみち18〜水の都、島原市

日時:2015年9月
エリア:長崎県(雲仙市、島原市)

山口県下関から歩いて関門海峡を渡り、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県の各地をよりみちして回りました。

よりみちスポット

雲仙温泉から島原へのアクセス

雲仙から島原までは、島原鉄道のバスが出ています。45分ほどの乗車です。おおむね、1時間に1本ぐらいで運行されています。

車窓からは昨日いけなかった雲仙普賢岳が見えます。御機嫌悪いのでしょうか。頭がすっぽり雲におおわれてました。

島原鉄道の島原駅に到着。お城をイメージした立派な造りですね!

島原駅から振り返ると島原城が見えます。小高い場所にお城が立ってて、周りにそれほど高い建物がないので、町のどこへ行っても、だいたいお城が見えます。お城を見れば方角が分かる感じですね。

こんな観光フリーペーパーがありました。「どっちがウィッシュ?」意味がわかりません。中も、「ETM」「MMM」・・・略されていて意味がさっぱりわかりません。

でも、情報量はあって、内容はよかったです。2015年のものなので、今はもう流石にないですね。

島原の街を見守る島原城へ

島原駅から島原城へは西へまっすぐ伸びる道を進めばほんの3分ほどで到着します。島原城を囲むお堀は、散策コースとなっていて、地元の方が散歩してらっしゃいます。緑のなかを歩いていく感じです。

とっても清々しい緑の道が続きます。影がないので暑いですけどね。

坂を登って島原城へ。車でもお城のすぐのところまで登って来られます。現在のお城は、1964年に復元されたものです。元々は1620年代の築城だそうです。

龍馬かな?天草四郎かな?女性のおもてなし隊「島原城七万石武将隊」のお出迎え。

ぐるりと島原の街が見渡せます。

水の町、島原を歩く

島原城の周りには、結構広大な蓮の池もありました。水で囲まれていますね。

島原城から駅とは反対の西側にあるのが「武家屋敷跡」です。その武家屋敷跡からずーっと一直線に水路があります。昔の上水道の名残です。綺麗な水の流れです。

武家屋敷跡の売店にて。水の町だけあって、こんなタイル張りのところに水をためてラムネを冷やしてあります。島原の郷土料理「かんざらし」をいただきました。白玉団子を甘い蜜に浸したものです。素朴な味です。

側溝の石の蓋に「島原市」の刻印が。こういう風に名前が入っているのは、あまり見かけませんね。

水頭ポケットパーク。こういった水汲み場がいたるところにあります。

島原城から南の方へ向かうと、南北に伸びるアーケード街があります。島原一番街アーケード。

アーケード街を進むと、それぞれ色合いが変わっていくのがわかります。このアーケード内には、島原温泉「よとろぎの湯」という立ち寄り湯もあります。

アーケードのなかにも水があちこちで流れています。

アーケードを歩いていると、突然あらわれる「江東寺」の参道。空気感が違います。

島原は「鯉の泳ぐ町」なんだとか。水辺には、たくさん鯉が泳いでいます。たしかに、あちこちで鯉が泳いでいます。

「ほうじゅう」にて、島原名物をいただく

お昼は一番街アーケードからすぐ近くにある「ほうじゅう」で、島原名物三昧でした。

「ガンバずし定食」をいただきました。島原のご当地メニュー「具雑煮」「フグの押し寿司」「かんざらし」が全部いただけます。

「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。この「具雑煮」の由来は、島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。これをもとに1813年、初代糀屋喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。

あっさりした味で、具がいっぱい。雑煮でお腹いっぱいになります。

アーケード街でも入れる島原温泉「ゆとろぎの湯」

島原市役所の前には、島原温泉のお湯が飲めるようになってます。島原温泉は全国でもめずらしい「温泉集中管理」方式を採用し、市内のホテル・旅館、一部の個人に対して泉質の供給を行っています。源泉は、元池源泉・観音島源泉・元池第二源泉の3箇所あります。ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉(中性低張性温泉)です。

「きて・みて・島原おも城下(しろか)けん」・・・。

一番街アーケードの中にある「島原温泉ゆとろぎの湯」は銭湯価格で温泉に入れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です