朝の大阪道頓堀&新世界によりみち

夜によりみちした道頓堀を、再び朝よりみちしてみました。そして、朝の新世界へ。

【よりみちレポート】朝の大阪道頓堀&新世界によりみち

日時:2015年10月
エリア:大阪府(大阪市中央区、大阪市浪速区)

岐阜県の白川郷をよりみちした後、関西の大阪、高野山、橿原神宮をよりみちして回りました。

よりみちスポット

朝の道頓堀は夜とは違う表情

夜賑わっていた、戎橋付近の道頓堀へ、朝方再びよりみちしてみました。

朝8時頃の道頓堀へ。朝は一転して、静かです。業者のトラックしかいません。通勤の人もいません。こんなに変わるもんなんですね。

アジアから来られている方の爆買いであふれてた道頓堀ドン・キホーテ前も、静かです。

みんなどこへ消えたんでしょうか(笑)

高野山に向かうために、南海電鉄なんば駅にきました。すると、9時発の特急「こうや1号」がすでに満席。しかたなく、次の10時発のこうや3号に乗ることにしました。

不意にできてしまった1時間。そうだ、新世界に行こう!

新世界によりみちしてきました。

御堂筋線なんば駅にて、トイピアノのある風景。

朝から賑わっている新世界へ

道頓堀から南の方にある新世界へは、歩いても30分ほどでいけますが、せっかく乗り放題の「スルッとKANSAI」がありましたので、地下鉄御堂筋線に乗って、動物園前駅へ。

新世界に到着。スパ・ワールドの脇の道を行きます。この界隈は、飲み屋が並んでいます。しかも、朝も空いているところが多くあります。朝から、命の水で満たされてる方が大勢いらっしゃいました。

どこかで見かけたことのあるようなものが並んでいます。「恋人たちの真実」・・・完全オリジナルで、ビリケンさんがモデルですね。

灯台のところにありそうな、南京錠をかけるハート。

街を行けば、大きなビリケンさんや、大きな看板に出会います。

通天閣を中心に、放射状に道があります。地図を見ても、プチフランスという感じです。

通天閣の商店街によりみち。万国旗がかかっていたり、なんだか独特なセンスです。

ポスターも、ツッコミどころ満載ですが、あえて突っ込まずに行きます。お酒の自販機は、手書きであふれています。ある種の愛情を感じますね。

表裏で、感情が手のひら返しで変わります。

道に「左にちゅうい」なんてかいてある横断歩道初めて見ました!

何気に素敵な「ヘレカツ」に出会える新世界「肉のさかもと」

電車の中で食べようと思って、新世界商店街のところで見かけた「肉のさかもと」で、「ビフカツサンド」を購入。「ビフカツサンド」は430円と結構お得。

注文すると「ヘレカツサンド」も揚げたてをいただけます。860円と1500円と2つの値段設定があります。今回は揚げてもらう時間がなかったので、出来上がっていた「ビフカツサンド」をいただきました。ビフカツサンドでも、十分美味しく肉の旨味でパンをいただけました。

1500円のヘレカツ・・・気になりますね。

イートインもOKで、さっきの愛情こもったお酒の自販機でお酒を買ってこちらで食べていってもいいみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です