千葉県銚子市|北関東よりみちの旅3〜犬吠埼から屏風ケ浦へよりみち観光&グルメ

千葉県銚子市によりみちしました。外川にある長崎鼻から、犬吠埼を通って屏風ケ浦までよりみちして回りました。途中には安くて美味しい回転寿司屋さんや、水平線を見渡せる「地球の丸く見える丘展望館」などがありました。

【よりみちレポート】千葉県銚子市|北関東よりみちの旅3〜犬吠埼から屏風ケ浦へよりみち観光&グルメ

日時:2015年11月
エリア:千葉県(銚子市)

千葉県からはじまり、茨城県、栃木県、群馬県と北関東を横断しながらよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

長崎鼻から犬吠埼へ

長崎鼻から外川の港町を抜けていきます。

かなた波の向こうに見える、犬吠埼灯台を目指します。

海辺の道ってこういう景色多いですね。高い木が少なくて、空がたくさん見えます。

犬吠埼までの途中、犬吠埼遊歩道がありました。車が通るみちよりも、海を近く感じられます。

犬吠埼遊歩道を行きます。灯台が近づいてきました。海岸沿いにいくと、トンネルを通って行ったりもします。ちょうど左側にチラッとトンネルも見えますね。

トンネルをくぐって階段を上ると犬吠埼灯台に到着。長崎鼻からは歩いて30分くらいでした。

犬吠埼灯台の前には、珍しい白いポストがあります。広い駐車場のところには食事処やお土産物店などが並び、観光客の方や、ツーリングの方が大勢いて賑わってました。

今回はのぼらずに、バスの都合で後回しにしてた場所へ向かいます。

近くには犬吠埼マリンパークという水族館もありました。こちらでもランチできます。

回転寿司でも、ネタが格段に違う「島武」

14時半近くになり、さすがにお腹がすいてきました。

犬吠埼駅の近くに二階に料理屋、一階が回転寿司屋になってるお店があるというので、そちらによりみちすることにしました。

グーグルマップを頼りに行くと、だいたい犬吠埼駅を越えたところに・・・あれ?犬吠埼駅の前にそれらしいところが?!情報が間違っているのか?

魚料理回転寿しの「島武」です。なんだか新しい建物です。ドアの向こうに胡蝶蘭が並んでます。

ちょうど新装開店して間も無くの、新しい店舗だったようです。

黒ムツ、カワハギ、さんま。どれもネタは大きめ、200円から300円くらいのものがほとんどです。時間が無くて、美味しいものをパパッと食べたい時は、お寿司はとってもいいですね。日本のファーストフードって感じです。

銚子電鉄「犬吠駅」から「地球の丸く見える丘展望館」へ

銚子電鉄の「犬吠駅」。駅舎というか、中はほぼ売店です。銚子電鉄を救ったぬれせんべいも購入できます。週末になると結構混み合うのですが、ちょうど列車が行ったばかりなのか、すごく空いていました。

犬吠駅から坂を登っていくと、ほど近くにある補陀洛山満願寺によりみち。

黄金に輝く塔がひときわ目をひきます。太陽がちょうどあたって、ピカピカ光ってます。ご利益ありそうですね。

銚子の町は、田んぼより畑が多いです。焦げ茶色と緑のコントラストがすてきです!

「地球の丸く見える丘展望館」によりみち。有料施設の中に入るとここよりもう一段高いところから景色を眺めることができます。入館料は420円です。下からの風景でも十分楽しめました。

ようやく今回の最終目的地が見えてきました。あの海の向こうに見えるところです。「屏風ケ浦」という景勝地です。犬吠埼とは半島を挟んでちょうど反対側の海岸線になります。

自然が織りなす絶景「屏風ケ浦」

犬吠埼から1時間ほど歩いてようやく到着。「屏風ヶ浦」です。今回の銚子のよりみちで、一番よりみちしたかったところです。最初に長崎鼻まで乗ったバスの運転手さんからも「ぜひ行ってみてね」って言われました。

海岸沿いの崖が、地層むき出し状態です。この海岸が10キロにわたって続いてます。

海岸が削られてできた断崖です。スケールの大きさを感じます。

断崖沿いにずっと道が続いています。こう行った道が何キロも続きます。

ガッタガタになってます。津波の影響でしょうか、それとも、普通に普段の波の影響か・・・向こうまで行ってみたい気がしますが、またの機会に。

祝日でしたので、釣りをされている方が多くみえました。

黄昏るウーーノとトイピアノ。

こちらの風景が、【ウノゾーン通信2016年1月2月号】の裏面の「ここどこ?」写真でした。

【google mapで見る】

ここで決めました。銚子電鉄はあきらめて、歩いて銚子駅まで戻る。銚子電鉄はぐるっと回っていくので、この場所から乗りに行こうと思うと、遠回りになるんですね。

銚子電鉄の外川駅に行くのも、銚子駅に行くのも、ほぼ同じ距離なんです。

銚子電鉄に乗るのであれば、やはり当初の予定通り、この屏風ヶ浦を先によりみちして、外川駅からのるというルートがよかったみたいですね。こういう時は、また来いってことかな、と思うようにしてます。

でも、あとまわしにしたおかげで、夕暮れの素敵な風景に出会えました。

サーフィンをしてる人もいます。

夕暮れの風景をみながら、ゆっくり炭酸飲料をいただきました。贅沢な時間でした。

醤油の「ヤマサ工場」を見学できます

銚子駅までは歩いて30分ほどです。実はちょうどバスも通ってたんですが、歩いた方が早く着きそうだったので、歩いてみました。屏風ケ浦から銚子までは、ほぼ北へまっすぐ進んでいきます。

途中にしょうゆのヤマサ工場がありました。どことなく、町の中でも、醤油の香りのするところがあちこちにありました。

工場見学は9時〜11時、13時〜15時の予約制です。そのほか、予約なしで入れる「しょうゆ味わい体験館」というのもあります。9時〜16時。

【ヤマサ醤油】

銚子駅に戻ってきました。ここから本日のお宿、水戸まで電車で大移動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です