三重県菰野町|湯の山温泉「アクアイグニス」によりみち

三重県津市で演奏した後、四日市から近鉄線を乗り継ぎ、湯の山温泉によりみちしました。御在所岳ロープウェイで有名ですが、湯の山温泉駅の近くに、日帰り温泉施設と飲食店、宿泊施設からなる片岡温泉「アクアイグニス」があります。アクアイグニスの温泉と、イタリア料理のお店によりみちしました。

【よりみちレポート】三重県菰野町|湯の山温泉「アクアイグニス」によりみち

日時:2015年11月
エリア:三重県(三重郡菰野町)

三重県津市の安濃地区にある正法寺でよりみちコンサート。その後、湯の山温泉のアクアイグニスによりみちしました。

よりみちスポット

津から湯の山温泉へ

津駅から近鉄に乗って、四日市駅へ。四日市駅で湯の山温泉行きの列車に乗り換えます。津から四日市までが30分、四日市から湯の山温泉までも30分ほどの乗車です。

湯の山温泉駅に到着。あたりが暗くなってきました。ここからアクアイグニスまでは歩いて10分ほどです。日中ですと、アクアイグニスまでのバスも出ています。

また、名古屋駅の名鉄バスセンターから、アクアイグニスまでの直通バスも運行されています。平日1往復、休日2往復で、片道1350円です。

湯の山温泉駅から歩いてアクアイグニスへ

駅前はもう真っ暗です。夕暮れ以降に歩いてアクアイグニスに行くのは、少し大変です。写真からもわかるように、街灯があまりない道を10分ほど歩きます。対向車が来ると、車のライトで前が見えなくなったりして、少し危ないかもしれません。気をつけて歩いてくださいね。

昼間に行くのは、散策する感じでいけると思います。

沿道にはほとんど何にもない道を歩いていくと、開けてきたところにあるのが片岡温泉のある「アクアイグニス」です。

「アクアイグニス」の日帰り温泉「片岡温泉」

アクアイグニスは、「癒し」と「食」をテーマにした、複合温泉リゾート施設です。片岡温泉や、宿泊施設のほか、奥田政行氏のイタリアンレストラン、笠原将弘氏の和食レストラン、辻口博啓氏のカフェなどの飲食店もあります。そのほか、ハウス栽培のいちご畑もあり、12月から5月にかけてイチゴ狩りができたりもします。

一番奥にあるモダンな山小屋のような建物が、日帰り温泉施設のある片岡温泉です。

外から長いガラス窓を通して中が見れます。辻口氏のプロデュースしたお菓子など、お土産物が並んでいます。

デザインもとってもモダンです。香川県の仏生寺温泉や、加賀温泉郷の片山津温泉総湯など、最近新しくできる温泉施設は、デザインにも凝っているところが多いです。

泉質はぬめりのある、アルカリ性の美人の湯。

露天風呂のところに竹林があり、高級旅館を思わせる造りです。露天風呂はいくつかに分かれてあるので、竹林がある庭のあちこち散策しながら入ります。どのお湯に入ろうか迷ってしまいます。夜は竹林がライトアップされていて綺麗でした。

平日600円、休日800円で入れるのは嬉しいですね。この日は日曜日でしたが、夕方頃はとても混んでいました。洗い場が全部埋まるくらいの混み具合でした。週末は家族づれで賑わっていました。

温泉カフェもあるので、湯上りにいっぱいビールを飲んだりもできます。

「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」でイタリアンコース料理

池の向こうに片岡温泉の温泉施設があり、手前の通路沿いに、飲食店が並びます。イタリアンとカフェがあります。

今回は、奥田政行氏のイタリアンレストラン「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」でコース料理をいただいてみました。

bosco(ボスコ)コースとmonte(モンテ)コースがあり、前菜の種類などが変わります。どちらのコースも、アミューズから始まり、前菜、今日の一品、フォカッチャ、魚料理、パスタ、肉料理、ドルチェとイタリアンフルコースなので、かなり贅沢な内容です。

9000円、13000円と少々お値段は張りますが、かなりお得な内容だと思います。確か、2015年に訪れた時は、もう少しお得な値段だったと思います。こんなに種類が出てきて、この値段なんだ、ってびっくりした覚えがあります。

魚のフリットと、フルーツトマトの冷製カッペリーニ。海藻がまぶしてあるフリットで、磯の香りが口に広がります。

前菜と言いつつ、別々の皿に盛られて、次々出てきました。スープにカルパッチョ、リコッタチーズ、サラダのバーニャカウダ風、カニのリゾットと続きました。

もう4年経っているので、内容は少々変更になっているとは思いますが、こんなにたくさんのお皿に囲まれたのは初めてでした。

何気なく出てきたフォカッチャもいい塩梅で、食事を演出してくれます。まだ前菜が終わったところ。結構満足感はあります。

この魚料理などは絶品です。ソースが美味しい!海藻で磯の香りが広がります。フォカッチャにつけて、全部スープいただきました。

魚介のトマトパスタ。魚介の旨味が染み渡ります。

肉料理は牛ステーキです。赤身肉の旨味が感じられるお肉。塩でさっぱりいただきました。

こういう料理だと、ワインが飲みたくなったりしますね。ありがたいことに、ワインのペアリングも用意していただけてます。1杯、2杯、3杯とグラスワインがセットになっているのを選べます。

最後のデザートまで素敵です。見返しているだけでもお腹いっぱいです。多分東京でいただくと2倍近くの値段は取られそうな感じがします。これは、場所柄というのもあるかもしれません。ぜひご賞味あれ!

内容は季節で変わりますので、食事で季節を感じによりみちしてはいかがでしょう。

外には薪が積んでありました。ベーカリーなどでも使うんでしょうね。

湯の山温泉駅からの帰りは、貸切状態。アクアイグニスで、心も体もお腹も満たされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です