甲府の甲斐善光寺によりみち

山梨県甲府市の街をよりみちしたあと、2駅歩いて「甲斐善光寺」へよりみちしました。JRの線路沿いに行きましたが、この辺りもブドウの農園が広がっていました。

【よりみちレポート】甲府の甲斐善光寺によりみち

日時:2016年3月
エリア:山梨県(甲府市)

長野県の木曽福島、奈良井、塩尻、諏訪湖周辺と山梨県の甲府、身延、下部温泉を巡りました。

よりみちスポット

甲府駅から甲斐善光寺まで歩く

JR身延線と中央線が通る線路沿いをいきます。

その途中で、線路の下をくぐりぬけたところに立派なお寺がありました。「長禅寺(瑞雲山長禅安国寺)」です。とても低いトンネルをくぐり抜けたところに門がドーンとあるので、余計に大きく感じます。

このあたりも、葡萄畑がたくさんありました。山梨といえばワインは有名ですもんね。

アイスキャンディーのような木の向こうに善光寺が見えてきました。甲府駅からゆっくり歩いて40分くらいでした。

「鳴き龍」を独り占めできる「甲斐善光寺」

長野の善光寺が有名ですが、全国に「善光寺」というお寺はいっぱいあります。岐阜にも「岐阜善光寺」や、五郎丸ポーズで有名になった「関善光寺」があります。こちらは「甲斐善光寺」です。

「甲斐善光寺」には「鳴き竜」と「戒壇巡り」があります。「鳴き龍」は、下で音を鳴らすと、天井に響いて、音が響き続けるということが、天井に描かれた龍が鳴いているように感じる、というものです。「鳴き龍」といえば、日光東照宮が有名ですが、人がいっぱいでゆっくり味わえません。「甲斐善光寺」は、訪れるかたが少なめなので、鳴き竜を独り占めできました。

暗い中を進む「戒壇巡り」もゆったり味わえました。自分と向き合う時間が長く取れます。

こちらで、昔調律師をしてたという方にもたまたま出会って、トイピアノがつないだ縁のような気がします。

善光寺駅までの道で鳥たちに会う

「甲斐善光寺」の最寄駅は、JR身延線の「善光寺駅」です。中央本線には「善光寺駅」がないので、よりみちする際には注意してください。

善光寺から駅までは南へ12分ほど歩きます。

途中の道端に網が張ってある小屋を発見。なぜか中に、鳥が何種類かいて、解説が書いてあります。

白い姿が印象的なファンテール鳩、ふさふさした羽が特徴の、ジャコビン鳩などがいました。今はもう小屋がなくなっているみたいです。

身延線にある、善光寺駅。イメージと違いました。階段の上にプラットホームがあるだけのシンプルさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です