「中山道鵜沼宿春まつり」でよりみちコンサート

岐阜県各務原市にある中山道の宿場町「鵜沼宿」では、春と秋にお祭りがあります。今回は、春に開催される「中山道鵜沼宿春まつり」でトイピアノ演奏によるよりみちコンサートを開催しました。当日は予約がいっぱいになり、会場に入れなかった方のために、宿場町で開催されている祭りの沿道でも歩きながらトイピアノ演奏しました。

【よりみちレポート】「中山道鵜沼宿春まつり」でよりみちコンサート

日時:2016年3月
エリア:岐阜県(各務原市)

「中山道鵜沼宿春まつり」でよりみちコンサートで演奏した後、名鉄鵜沼駅までよりみちしました。

よりみちスポット

演奏会場の鵜沼宿へ

名鉄鵜沼宿駅。線路と線路の間に改札があるので、駅に到着しても絶対に踏切で通せんぼされます。名鉄岐阜駅から鵜沼宿駅までは名鉄電車で30分ほどです。

駅から鵜沼宿までは、北の方へ歩いて10分ほどです。

中山道の宿場町、鵜沼宿のある通りへきました。お祭りということで、歩行者天国になっています。

「中山道鵜沼宿春まつり」の舞台でPR

駐車場のスペースに舞台が組んであって、地元の学生が吹奏楽を演奏してます。

ウーーノのよりみちコンサートは、この舞台ではなく、お隣にある「西町交流館」という会場での演奏です。予約制の演奏会でしたが、200人の定員がなんと満席!ありがとうございます。

当日来られてもウーーノの演奏を聴けない・・・ということで、舞台でも演奏しました。西町交流館での演奏終了後、お祭りの各地でもよりみちしながら演奏することをPRしました。

「西町交流館」にてよりみちコンサート

本日の演奏会場の「西町交流館」へ。こちらの会場はgoogle mapで検索しても出てきません。

真ん中に舞台を設置して、まわりをぐるっと囲んでもらいいます。

ウーーノがトイピアノを演奏しながら登場。

みなさんの真ん中へ。

たくさんの方々に囲まれてトイピアノ演奏しました。鍵盤を弾く手元が見えなくても大丈夫。ウーーノがトイピアノを回転させながら演奏していくので、いつかは手元も見られます。

演奏終了後にたくさんのようかい手々てんに出会いました。

「中山道鵜沼宿春まつり」の風景

演奏終了後は、「中山道鵜沼宿春まつり」の各地によりみちして回りました。

菊川酒造の黒壁の前に飾られたオレンジ色の風車が印象的です。みなさんこの前で写真を撮られていました。菊川酒造では日本酒の試飲があったり、美味しそうな食べ物の屋台も出ていました。

赤い布が被せてある椅子で一休み。フランクフルトをいただきました。

鵜沼宿の真ん中あたりにある「二ノ宮神社」。鵜沼宿脇本陣の横に鳥居があります。こちらの神社は古墳の上に建てられています。階段を登ったところに本殿が見えてきます。その石垣の左のほうに、柵で入れなくなっている穴があります。これが「二ノ宮神社古墳」の玄室への入り口です。見過ごしちゃいそうです。

振り返ってみると、鵜沼宿の祭りの様子が見えました。

中山道鵜沼宿木遣保存会による伝統芸能「木遣音頭」のみこしが街道を練り歩いていきます。

お祭り会場の3箇所にスタンプラリーの判子が置いてあって、全部集めると、ガラガラ抽選できます。スタンプラリーの抽選でカニチップスが当たりました。しかも「各務原キムチ味」。この「カニチップス」は東海地方限定のお菓子なんですよね。

演奏会のご予約がいっぱいだったため、会場に入れなかった方もみえました。みなさんのために、演奏会終了後はお祭りの会場をよりみちして回って、道端で演奏したり、トイピアノに触ってもらったりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です