三重県亀山市でコンサートと亀山宿によりみち

三重県亀山市の亀山市文化会館でトイピアノ&ピアノ演奏会を届けた後、東海道の亀山宿の宿場町などがある亀山の街をよりみちして回りました。

【よりみちレポート】三重県亀山市でコンサートと亀山宿によりみち

日時:2016年5月
エリア:三重県(亀山市)

よりみちスポット

週町に岐阜から亀山に行くなら「青空フリーパス」

岐阜から亀山へは、土日だと「青空フリーパス」がお得。2020年現在は、値上がりして2620円になりました。

「快速みえ」も、追加料金なしで乗れます。「快速みえ」は伊勢鉄道を経由していくので、青春18切符で乗るときは、伊勢鉄道の区間の運賃を別に払わないといけません。「青空フリーパス」は伊勢鉄道の路線も含まれているんです。下呂や鳥羽、長野県の飯田まで行けるので、結構広く使えると思います。

亀山を訪れるなら、フリー区間からは外れてはしまうけど、東海道の宿場町「関宿」によりみちするのもオススメです。亀山駅からもう一駅先にある、JR関西本線の関駅が、関宿という観光スポットになってます。古い町並みが残ってます。

岐阜から亀山までは、名古屋経由で関西本線に乗り換えます。名古屋から亀山までは普通列車で1時間30分ほどかかります。片道1690円かかりますので、往復するだけで元が取れます。

亀山市文化会館で演奏会

JR亀山駅に到着。

亀山駅からの風景。駅前に大きな鳥居があります。能褒野神社の一の鳥居です。能褒野神社によりみちしてみようかとも思いましたが、駅から6キロも離れています。結構遠くの鳥居がここにあるんですね。

亀山駅前のロータリーは、日曜定休のところが多く、ちょっと寂しい感じでした。亀山紅茶が購入できるところなどもお休みで買えませんでした。

今日の演奏会場は亀山市文化会館。亀山駅から東の方に7分ほど歩いたところにあります。

亀山音楽協会が主催する「会員のつどい」という演奏会で、ピアノとトイピアノの演奏をしました。

演奏終了後に文化会館の前の公園で可愛いようかい手々てんに出会いました。

亀山の街に残る亀山宿や亀山城跡の風景

亀山の街をよりみちしてまわります。幹線道路を歩くと、交差している道が、上にあることが多いです。土地が平坦ではなく、段々になっている感じです。

駅から西の方へ30分くらい歩くとあるのが、「野村一里塚」。昔の東海道の名残です。大きな木が木陰をつくってます。

このまま西の方へ行くと「亀山みそ焼うどん」で有名な「亀八食堂」があります。今回はここで亀山の街へ引き返しました。

亀山の街を歩くと、いたるところに東海道亀山宿の名残が感じられるところがあります。

白壁の土蔵や黒い壁の通り。ふとしたところでこういった風景に出会います。

亀山城跡。お城自体は残っていませんが、多門櫓が公開されていて、内部と展示された資料を見ることができます。

亀山城跡の近くにある「亀山神社」。

広い亀山公園があります。公園内に亀山市歴史博物館や、亀山市立図書館もあります。

亀山公園の入り口に「亀山菖蒲園」という広い菖蒲園がありました。よくみてみると、名札が立っています。小学生のみんなが育てたりしているみたいで、みんなの名前が書かれた名札がたってました。

花の咲く時期が楽しみですね。

隠れ家のような喫茶店「趣美庵」

亀山の宿場町を回っていて見つけた喫茶「趣美庵」によりみち。東海道から少し脇道に入ったところにありました。

店内には和雑貨や骨董品が置いてあります。のんびりした雰囲気のお店でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です