2016年夏のよりみち旅8〜佐渡ヶ島のバスターミナルがある「佐和田」と史跡の里「真野」へ

新潟県の佐渡島を4日間よりみちして回りました。相川から南に少し戻って「佐和田」と「真野」によりみちしました。

「佐和田」はちょうど佐渡ヶ島の真ん中あたりにある地区で、各方面へのバスが出ているバスターミナルがあります。「真野」は「史跡の里」と呼ばれていて、歴史的な建造物などがある地域です。後から知りました(笑)ですので、歴史的な場所はよりみちしませんでしたが、海が見えるカフェによりみちしました。

【よりみちレポート】2016年夏のよりみち旅8〜佐渡ヶ島のバスターミナルがある「佐和田」と史跡の里「真野」へ

日時:2016年8月
エリア:新潟県(佐渡市)

2016年夏のよりみち旅は、長野県、新潟県、秋田県、山形県をよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

相川から佐和田へ

相川の金山によりみちしたあと、昨日バスで通過した佐和田にもよりみちしてみました。

佐和田は佐渡ヶ島のちょうど真ん中あたりにある街です。ここから佐渡の四方八方へバスがでていて、「佐和田バスターミナル」があります。

バスターミナルには伊勢丹もあります。「新潟伊勢丹佐渡ショップ」。しかしながら、ワンフロアだけの小さなお店です。日用品を販売しているというよりは、贈答品などを販売しているというかんじです。

佐和田の街の風景

佐和田バスターミナルのあたりには、アーケード街になっている「河原田商店街」があります。

ちょっと雨もやんできたので、よりみちしてみます。

アーケード街からほんの2、3分歩くと、もうすぐそこは海です。こんなに近くに海があるという雰囲気がしませんでした。何しろ、海の香りが全然しませんでした。

佐和田海水浴場。桟橋があったりして、晴れていたらインスタ映えしそうな雰囲気の砂浜でした。

真野の海が見えるカフェ「えんや ENYA」

雨がパラパラしてきました。そういうときはバスのフリー切符を利用して、バスでちょっと移動です。

佐和田からさらに南へ行った真野地区へよりみち。

15分ほどの乗車して「真野御陵入口バス停」で下車。海の向こう側に見えるのが、金山などがある相川地区の方です。

海沿いの道には、木造の倉庫のような建物がずらっと並んでいました。

その中の一つの建物が、カフェになっていました。「カフェえんやENYA」。健康とリラックスをテーマにした複合施設で、体に優しいランチや、太極拳などの運動教室ができる大広間などもあります。

カフェの中から海が・・・見えるはずでしたが、写真には写ってませんでした。海の方を眺められる席もあります。

「体に優しいランチ」ということで、野菜たっぷりのグリーンカレーと豆乳ラッシーをいただきました。グリーンカレー大好き!ラッシーは豆乳でまろやかになってます。

えんやにてプチよりみちコンサート開催しました。ようかい手々てん発見。

「ワダコメ手造りかりんと」いただきました。「かたいです」とありますが、確かにめっちゃ硬かった!

牛乳とかに浸して食べるとちょうどいいかも。日持ちするのでおみやげにも良さそうです。

真野の街の風景

ランチをいただいた「カフェえんや」から北の方へバスで来た道を戻りつつ、よりみちしながら「真野新町バス停」まで歩いてみました。真野の商店街があります。

真野の醸造場「尾畑酒造」。「真野鶴」などの日本酒があります。廃校となった木造校舎を酒蔵にして、学校蔵プロジェクトを推進したりといろんな活動をしているそうです。

バス停近くまで来てみると「史跡の里 真野」の看板があります。ここまで来て、全然史跡に触れてきませんでしたが、歴史のある能舞台がある「大膳神社」や、新潟県唯一の五重塔がある「妙宣寺」があったりします。

カフェえんやに行くときに降りたバス停も振り返ってみれば「真野御陵入口」という名前ですね。真野公園があって、その奥へと進むと、「真野御陵」という「順徳天皇火葬塚」があります。

全てスルーしてきてしまいましたが、それはまたの機会によりみちしたいと思います。

真野新町からバスを乗り継いで、佐渡ヶ島の東側の港町「両津」へよりみちします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です