新潟県佐渡市|2016年夏のよりみち旅10〜佐渡ヶ島の北端「大野亀」へ

新潟県の佐渡島を4日間よりみちして回りました。両津から佐渡ヶ島の北端にある「大野亀」と「二ツ亀」によりみちしました。海岸にあるこんもりとした岩場を「亀」と表現しています。佐渡ヶ島の各地にあります。

バスで移動する途中、大野亀の少し手前で「願(ねがい)」という気になるバス停があったので、よりみちしてみました。

【よりみちレポート】新潟県佐渡市|2016年夏のよりみち旅10〜佐渡ヶ島の北端「大野亀」へ

日時:2016年8月
エリア:新潟県(佐渡市)

2016年夏のよりみち旅は、長野県、新潟県、秋田県、山形県をよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

両津から佐渡ヶ島の北端にある「大野亀」へ

両津港から新潟交通佐渡バスの内海府線に乗って「大野亀」を目指します。両津港から大野亀までは1時間10分ほどの乗車です。

バスは海岸沿いにどんどん北へ進みます。この日はいい天気で日差しが強いです。

大野亀の少し手前で、急に本線の道路から脇道へ入っていきます。どんどんと急な坂道を下っていきます。その先にあったのが「願(ねがい)」というバス停です。

なんとなく気になって途中下車することにしました。こういう時フリーきっぷはありがたいですね。

バスはここで引きかえしていきました。「願」という地区は、上の道路からはかなり下の方にある海岸沿いの集落のようです。

「願(ねがい)」地区の街の風景

「願」地区を歩いてみると、旅館が結構たくさんあります。釣りをするために訪れる方が多いのでしょうね。

集落からすぐ海に出られます。

海の向こう側に2つの岩場が並んでいるのが見えます。「二ツ亀」というところです。ここから「二ツ亀」まで「二ツ亀自然歩道」になっていて海岸沿いを歩いて行けます。

後ほどよりみちをしてみることにしました。

バスが下ってきた坂を、のぼっていきます。結構厳しい坂道です。歩いて上るのは大変かも。

願地区への入り口には、黄色く塗られた「願入口」という看板がありました。なんか、願いが叶いそうですね。

ここから本来の目的地の大野亀にむかいます。

両津の街の風景

佐渡ヶ島北端での目的地「大野亀」までは、黄色い目印の「願入口」から意外とすぐ着きました。

小木地区でもこういう岩山がありましたね。【参考記事:2016年夏のよりみち旅5〜佐渡汽船で佐渡ヶ島の小木港へ、佐渡で使えるバスフリーパス[変更]】

佐渡には各地にあるみたいですが、こちらの「大野亀」は上までのぼれます。

大野亀の入り口あたりに鳥居があります。その先に、上まで続く道も見えます。結構けわしそうな道です。

上からの風景・・・といってもまだ中腹あたりです。前日に雨が降って、かなり道がすべって、頂上まではあきらめました。のぼりはじめた駐車場がかなり小さく見えます。

トイピアノがなければ上まで登れたけど、無理は禁物ですね。中腹でしたが、すがすがしい眺めでした。

こうして見渡してみると、海岸から急に盛り上がってくる地形だとわかります。日本の島は結構こういう形をした島が多くありますね。

大野亀に向かう道とは別に、木製のフェンスが続いている道がありました。海沿いの崖の上にあるので、フェンスをつけたんですね。このまま進むと、先ほどの「願」地区の方面を通って、二ツ亀まで行けるようです。景色を眺めながら、こちらの道を進むのもいいですね。

大野亀の風景を見ながら食事ができる「大野亀ロッジ」

大野亀のすぐ目の前にある「大野亀ロッジ」でランチをいただきました。

店内は、食事のスペースと、お土産物が並ぶコーナーがありました。窓からは大野亀の風景が見えます。

大野亀を眺めながらの人気の海鮮丼をいただきました。

お店ではソフトクリームも食べられます。オートバイでツーリングしているライダーさんや、若い人が多かったです。やっぱりみんなのぼりたいのかな。

砂浜を通って渡ることもできる「二ツ亀」へ

さっき後回しにした「二ツ亀」へ。途中の橋から下をみると、さっきよりみちした「願」地区と、向こう側に大野亀が見えます。こんなに下の方まで下りて行ったんですね。まるで空撮している感じです。

大野亀から二ツ亀の間は、米どころ新潟といった感じで、田んぼが広がってました。

30分ほど歩いて「二ツ亀」に到着。たしかに、こぶが二つありますね。

半島の先端に行くとこの各地までの距離が書かれた標識見かけますね。だいたい書かれているのが「ウラジオストック」。

二ツ亀のある向こう岸まで歩いて渡れます。道の左右から波が来ていますが、右からの波は白くなっていて荒いですが、左からの波は穏やかで白波がたっていません。不思議な模様です。

いい天気です。ちょっとのんびりとすごしてみます。

更衣室やシャワー施設があったので、海水浴場としても利用できるみたいです。

二ツ亀の眺めがいい「SADO二ツ亀ビューホテル」で珈琲時間

二ツ亀の方へ下りていく道の手前に、「SADO二ツ亀ビューホテル」があります。二ツ亀を見下ろすような高台にあるホテルなので、客室からも二ツ亀のある海の風景が見えます。

ロビーラウンジからも海を望む風景です。

二ツ亀を眺めながらコーヒーをいただきました。

佐渡の北側は、大自然を感じる土地でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です