2016年夏のよりみち旅15〜古町商店街と新潟駅周辺の町並み

新潟市にある2つの繁華街、古町商店街と新潟駅周辺の万代シティなどによりみちしました。

信濃川の北側に、アーケードのある古町商店街、上古町商店街もあります。白山神社まで伸びる商店街はイベントもたくさん開催されていて、とても賑やかでした。「ふるまちモール」と呼ばれる通りには、ドカベンのキャラクターの銅像が並んでいました。

新潟駅周辺は、伊勢丹や三越、万代シティなどいくつも大型のデパートが建っているところでした。

【よりみちレポート】2016年夏のよりみち旅15〜古町商店街と新潟駅周辺の町並み

日時:2016年8月
エリア:新潟県(新潟市)

2016年夏のよりみち旅は、長野県、新潟県、秋田県、山形県をよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

大きなデパートが立ち並ぶ新潟駅から万代地区

新潟駅。駅前から大きな幹線道路が伸びてます。

大きなバスターミナルもあって、新潟の各地にバスが出ています。

駅から北西に伸びる幹線道路を行くと、大きな商業施設が立ち並ぶ繁華街があります。

万代シティ、ラブラ万代、伊勢丹、アルタなどなど。

街並みがおしゃれですね。

閉館してしまったそうですが、「レインボータワー」もそびえます。ちょうど24時間テレビが終了したところで、撤収してました。

新潟のアイドルグループといえば、「NGY48」ですね。「NGT48劇場」が、ラブラ万代2にありました。

新潟のご当地グルメ「みかづき」の「イタリアン」

新潟交通のバスターミナルのある建物が、「万代シティ」です。建物の上は「万代シティパーク」になっていて、イベントが開催されたりします。

また、飲食店も多く入っていて賑わっています。

新潟のご当地グルメとして有名なのが「イタリアン」です。「イタリアン」がいただけるお店が「みかづき」です。万代シティの中にも「みかづき万代店」があります。チェーン店なので、新潟の各地にあります。

「イタリアン」と言っても、イタリア料理のことではありません。焼きそばにトマトソースがかかったもの。それが、「みかづき」の「イタリアン」です。350円とおやつ感覚です。

いろんな味も選べます。カレーがかかっているのが「カレーイタリアン」。どっちなんだ・・・って思いますよね。

東海地方でいえば、「寿がきや」みたいな存在でしょうか。

ドリンクにアイスクリームの乗ったフロートが、200円というのも、夏にありがたいですね。

ドカベンがいるアーケード街「ふるまちモール」へ

信濃川にかかる八千代橋を渡って、古町商店街に向かいます。振り返るとさっきまでいた万代地区が見えます。伊勢丹やラブラ万代の建物が見えます。手前の建物は、新潟総合テレビです。

古町という地域には、いくつのも商店街が集まっています。古町の5番街から7番街まではアーケード街になっていて「ふるまちモール」と呼ばれます。

「ふるまちモール7」へ。道の真ん中に舞台と客席が作られていて、「ふるまちクラシックフェスタ」というイベントが開催中でした。フルートとヴァイオリンとピアノのトリオで演奏していました。

ふるまちモール5は「ドカベンロード」と呼ばれてます。新潟出身の漫画家、水島新司のドカベン像がいくつも置いてあります。

古町にも大きなデパート「新潟三越」があります。向かい側には「古町ルフル」や中央区庁舎「NEXT21」など大きな建物も多くあります。

新潟は街が大きく感じました。

マンガ・アニメのまち にいがた

新潟市は、著名なマンガ家やアニメクリエーターを数多く輩出する「マンガ・アニメのまち」なんだそうです。古町には「ドカベンロード」がありましたし、街を歩くと、アニメや漫画の情報発信施設があちこちでみられます。

万代地区にあるのが、「新潟市マンガ・アニメ情報館」があります。

新潟ゆかりのマンガ家・アニメクリエーターの紹介のほか、人気キャラクターと遊べるコーナー、声優体験コーナーなど、楽しみながらマンガ・アニメの世界を体験できるミュージアム。

入場料は200円で、1万冊のマンガを読めちゃう「マンガの部屋」もあります。

古町6番街にある「マンガの家」。こちらは入場無料で楽しめます。

1階では「ついでにとんちんかん」や「ハイスクール奇面組」などのギャグマンガ家のキャラクターの等身大フィギュアなどがあり、新潟ゆかりの作品世界が楽しめます。写真を撮って楽しむのもいいですね。

また、誰でも無料で当日参加可能なマンガの描き方講座「マンガのいっぽ」を毎日行っているほか、「マンガの部屋」では1万冊のマンガ本を読めます。

古き良きと新しいが同居する「上古町商店街」

ふるまちモールを抜けて南西にある白山神社の方へ向かうと、こちらも形が違いますがアーケードが続きます。1番街から4番街のあたりは「上古町商店街」と書いてありました。このままアーケードを進めば白山神社まで行くことができます。

ここでも見つけました。横向きに設置された歩行者用の信号機。雪のため、アーケードの下に信号機を設置した時に、スペースの都合で横向きになったんだとか。雪国ならではですね。佐渡島の両津にもありました。

【参考記事:2016年夏のよりみち旅9〜佐渡ヶ島の東の玄関口「両津」へ】

白山神社に抜ける上古町は、昔ながらの商店街というイメージのお店と、新しくできたおしゃれなお店が両方とも並んでます。気になるカフェもいっぱいありました。またゆっくりよりみちしたいところです。

縁結びのパワースポット「白山神社」

古町の商店街を抜けると見えてくるのが「新潟総鎮守 白山神社」です。

新潟市の中心部に位置し新潟の総鎮守として千有余年の歴史のある神社です。白山さまは、別名を菊理媛「くくりひめ」という女の神様で、夫婦の神様がケンカをした際に仲をとりもったと日本書紀にあり縁結びの御利益のある神社です。

たくさんの神様がいて、さらには「聞き入れてくれる」ククリヒメが祀られているということで、様々な願いを叶えてもらえそうな神社です。

クラシックホールの革命児的存在の「りゅーとぴあ」

白山神社の南隣に大きな建物があります。

クラシック界では超有名なホールで、「りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館」です。このホールは学生時代から、ずっと行ってみたいと思っていたホールです。ようやくホールにはよりみちすることができました。

こちらのホールでの公演は、オタク心をくすぐる、超マニアックな演奏会をバンバンやってて、チラシを見て気になってたんです。

内装も、とてもモダンな感じがして素敵です。今回はホールで演奏を聴くことはできませんでしたが、建物を見て回るだけでも楽しかったです。

外にも写真を撮りたくなるスポットがいっぱいあります。

ぜひよりみちしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です