沖縄県与那国島|八重山よりみち旅4〜「比川」から「久部良」へ牧場を抜けていく

沖縄県の与那国島の南側は牧場になっていて、馬が放飼いされています。普通に舗装された道路も歩いていますが、ある区域から出ないように工夫されていたりもします。

比川から久部良までの道は6キロほど。途中に自衛隊の新しい基地が作られていました。そして、雨と晴れの境目に遭遇しました。

【よりみちレポート】沖縄県与那国島|八重山よりみち旅4〜「比川」から「久部良」へ牧場を抜けていく

日時:2017年1月
エリア:沖縄県(八重山郡与那国町)

沖縄県に初よりみち。八重山諸島の、与那国島、石垣島、波照間島、西表島、小浜島、竹富島を巡りました。

よりみちスポット

与那国島の南海岸沿いをいく

与那国島の中央南辺りにある「比川」から西の端にある「久部良」へは6キロほどあります。ちょうどいいバスの時間がないので、歩いて向かいます。

比川地区からすぐのところに「クルマエビ養殖場」がありました。福岡県の「拓水」という会社が車海老の洋食をこちらでしているようです。通販で購入することもできます。「比川地区」の飲食店「さとや」では、車海老が贅沢にのった、車海老そばが食べられたりします。

「車えび本舗 拓水」

旅は道連れとはよくいったもので、「祖内」から「比川」へのバスで一緒になった男性と、一緒に歩いて「久部良」へ向かうことになりました。今はマイルを使って離島を旅してるんだとか。話しながら歩くとあっという間に時間が過ぎて行きます。

南牧場沿いの道からは、こんな感じの低木や草の風景が広がってます。

ゴツゴツした岩場も多くあります。

工事現場が見えてきました。これが自衛隊の施設です。ちょうどこの時、建設の真っ最中でした。

と、ここで風が急に吹き始めて雨が・・・いや、スコールです。

ザ〜〜〜〜ッ、ピタッ!

雨の止む瞬間が目に見えます。不思議な光景に出会うことができました。

馬たちとトイピアノ

与那国島の南側には牧場が広がっていますが、どこから牧場なのかはひと目でわかります。道を歩いていくと、溝があります。

「テキサスゲート」という溝です。このテキサスゲートの向こう側が、牧場になってるんです。牛や馬が放し飼いになってます。だから、ここから外に出ていかないように、溝をつけてあるんです。

牛や馬の足がハマる幅にしてあるわけですね。だから、人間も、歩いたり、自転車で渡るときは気をつけないとハマっちゃいます。エリーゼさんがすっぽり入ってしまうくらいの幅です。

海岸沿いにある、南牧場では馬が闊歩しています。自動車も通りますが、物ともせず歩いて行きます。

トイピアノは・・・避けて通ります(笑)得体の知れないものには近づかない。まあ確かにね。

馬たちは、車がきても全然避けませんが、トイピアノは避けて行きます。

馬とトイピアノの風景。馬にも個性があるんですね。興味津々で近づいてくる馬もいました。

与那国の南側の道路は散歩にはとってもいいです。清々しい。

ただし、馬の落し物には注意して歩きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です