沖縄県竹富島|八重山よりみち旅20〜最後に竹富島へよりみち観光

最終日は午後の飛行機でセントレアに戻るので、午前中に竹富島をよりみちして回りました。定番観光スポットの星砂のある「カイジ浜」や「コンドイビーチ」、写真を撮りたくなる「西桟橋」、昔ながらの沖縄古民家が立ち並ぶ街並みなどを巡りました。

【よりみちレポート】沖縄県竹富島|八重山よりみち旅20〜最後に竹富島へよりみち観光

日時:2017年1月
エリア:沖縄県(八重山郡竹富町、竹富島、石垣市、愛知県、岐阜県)

沖縄県に初よりみち。八重山諸島の、与那国島、石垣島、波照間島、西表島、小浜島、竹富島を巡りました。

よりみちスポット

石垣島から竹富島へ

竹富行きの船は、他の島へ渡る船とは違って、大きめのサイズです。石垣島からだと15分ほどで行けるので、日帰りで観光をする人が多いんです。

だから、竹富島に宿泊すると、島の本当の良さがわかるみたいですね。

竹富島に到着。高校生くらいの団体が、わんさか降りてきます。そのくらい気軽に来れる島ということですね。

竹富島の町の風景

西表石垣国立公園にある「竹富島」。昔ながらの沖縄の建物が並ぶ風景が残されています。色々と開発の手が伸びていますが、頑なに伝統を守られてきて、とても大変なことだと思います。伝統を伝えていくことは、とてもエネルギーがかかります。伝統を残しつつ、発展を目指して行けるといいですね。

竹富港から舗装された道路をいきます。少し坂を登る感じで道が続いています。

港から10分ほど歩いていくと、舗装されていない道路があります。このあたりから集落があります。竹富島の集落は、昔ながらの舗装されていない道路が通っています。風よけの石垣に囲まれています。

建物も、これぞ沖縄という感じ。シーサーが屋根の上から凛々しく見守ってくれます。

石垣に囲まれた道をゆきます。井戸端会議でもしそうな大きな木。

観光客の方を乗せて、牛車が道を行きます。

古いポストも自然と風景に溶け込みます。

竹富保育園や竹富小中学校の建物も、赤い瓦の昔ながらのつくりです。

竹富島にも至る所に「御嶽(うたき・おん)」があります。普段はひっそりとしていて、パワーをため込んでいるみたい。聖域という感じがします。

集落の中心あたりにある「西塘御嶽」と、集落の南にある「幸本(小波本)御嶽」。

集落のある竹富島の中心は、舗装されていない道ですが、集落の周りを囲むようにして、舗装された道があります。観光で来られた方が、レンタサイクルに乗って走っていきます。舗装されていないところを自転車で走るのは、結構大変なので、舗装された道で近くまで行って、そこから脇道へと進む方が多いです。

「西桟橋」から「コンドイビーチ」「カイジ浜」へ

集落からすぐ西にある「西桟橋」へ。竹富島を訪れると、大体ここでみなさん写真を撮っていきます。

海へ続く道という感じの写真が撮れます。今回の旅は、雲とお付き合いしました。沖縄の1月2月は雨季にあたるそうで、雨も多く降るみたいです。風も強く吹くことが多く、船が欠航する日が必然と多くなります。

西桟橋より南にある「コンドイビーチ」。こちらは白い砂浜が広がっています。浜からは小浜島や西表島、黒島が見えます。内海の比較的浅い海の方にある浜辺なので、ゆったりと波が寄せてきます。

コンドイビーチからカイジ浜へと歩いて行けます。砂浜や岩場の道を抜けていきます。暑い日だと、砂浜の周りが木で覆われているので、木陰で涼むこともできます。

「星砂の浜」として有名なカイジ浜。有孔虫の殻が星のように五角形に尖った形をしているので、「星の砂」と呼ばれています。

みなさん星砂を探してました。見つからない場合は、お土産物屋で購入することもできます。

砂浜だったコンドイビーチに比べると、カイジ浜は岩場が多くあります。

潮風に吹かれながら、石垣島の明石の共同売店で買った塩せんべいをいただきました。より美味しく感じられます。

「カフェテードゥンしためー館」で ひと休み

沖縄そばでも食べたいなと思いましたが、だいたいのお店は11時から。その時間にはまだ早かったので、「カフェテードゥンしためー館」でシークワーサージュースをいただきました。

「カフェテードゥンしためー館」にてようかい手々てん発見。

「パーラーターミー」で紫芋のソフトクリーム

竹富島の集落にはあちこちにレンタサイクルのお店があります。大体電動機がついていない普通の自転車ですが、それほど起伏がない島なので、アシストがなくても大丈夫です。

丸八レンタサイクルの建物のお隣にある「パーラーターミー」で紫芋のソフトクリームをいただきました。このコーンは、西表島でいただいたのと同じく、黒糖を使用した美味しいコーンです。サクッとしていて美味しいんです。芋の甘さが最後に残ります。


ぐるっと半周して、時間となりました。それほど大きくないので、見て回るだけなら1日でぐるっと一周できます。

これで島巡りも終了です。いろんな思い出をありがとうございました。

石垣島から岐阜へ旅の終わり

石垣島に戻ってくると、雨模様でした。今回は雲に覆われた沖縄となり、青空はあんまり見れなかったなぁ。でも、涼しくてちょうどよかったかも。日が照っていたら、汗かきまくりだったことでしょう。ある意味過ごしやすかったです。

離島船ターミナルの前からバスで石垣空港へ向かいます。

石垣空港では再びトイピアノを紙コンテナに梱包してもらって荷物として預けます。

さようなら、またくるね。石垣島。

雲の上は青空。当たり前ですが。

雲の中に太陽が沈んで行きます。

トイピアノさん、また会えたね。

無事に岐阜に戻ってきました。長いようで短かった沖縄八重山諸島のよりみち旅でした。

出会えた皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です