宮崎県宮崎市|鹿児島・宮崎初よりみち8〜景勝地「鬼の洗濯岩」と「青島」

宮崎駅周辺の街によりみちしたあと、南の方にある「青島」へ向かいました。青島には「鬼の洗濯岩」と呼ばれる景勝地があり、自然が見せる壮大な風景を見ることが出来ます。

【よりみちレポート】宮崎県宮崎市|鹿児島・宮崎初よりみち8〜景勝地「鬼の洗濯岩」と「青島」

日時:2017年3月
エリア:宮崎県(宮崎市、青島)

鹿児島県と宮崎県に初よりみち。鹿児島市、桜島、指宿市、南九州市、枕崎市、宮崎市、青島によりみちしました。

よりみちスポット

宮崎駅から青島駅へのアクセス

宮崎市南部にある観光地「青島」によりみちしました。「宮崎 観光」で検索すると、必ず出てくるところです。

JR宮崎駅から日南線に乗って「青島駅」まで30分ほどの乗車です。枕崎へ向かう時に乗った列車と同じ白地に青いラインの車両でした。

【参考記事:】

青島駅に到着。アジアからの観光客の方がたくさんこの駅でおりていました。

南国の雰囲気を感じる長閑な駅前です。

自然が生み出すアート「鬼の洗濯岩」

「青島」へは海にかかる橋を渡って行くことが出来ます。その手前に自然が作り出した「鬼の洗濯岩」という岩場の景勝地があります。

まずは駅から海辺へと向かいます。北東の方へ5分ほど歩いていきます。道のタイルが青っぽい配色になると、海や川の近くというイメージですね。

昨日からの低気圧の影響か、風が強かったです。

大きな通りにかかる歩道橋を渡ると、もうすぐ海です。その手前に「宮交ボタニックガーデン青島」という有料の庭園があり、その脇の道には売店やお土産物屋が並んでいます。

暖かい地方では柑橘系の果物が特産になりますね。宮崎では金柑が特産のようです。その名前が「たまたま」。そのままの感じですが、攻めたネーミングです。おみやげに送るのもいいですね。

海に出て左を見ると、「青島ビーチ(青島海水浴場)」が広がっています。夏の海水浴に他にも、波が高いのでサーフィン、ボートセイリング、ヨットなどマリンスポーツも楽しめるビーチです。

右の方を見てみると、橋の向こうに「青島」があり、橋の下から青島にかけて岩場があります。

橋の両側には、ゴツゴツした岩場が続いています。波状岩が広がっていて、これが「鬼の洗濯板」と言われています。海面下にあった岩が地質変動によって水面上に現れ、波や海水に浸食されて現在のような形が出来上がりました。

干潮時に見られる風景です。

これが自然にできたというのですから、面白いですね。

自然の力と、芸術性の高さを感じます。

「青島」で青島神社に参拝

「青島」へと「弥生橋」を渡っていきます。周囲1.5kmほどの小さな島です。島の周りをぐるっと「鬼の洗濯板」が囲んでいる感じです。

「青島」の真ん中には「青島神社」があります。古事記などで有名な神話「海幸山幸兄弟」伝説の舞台。山幸彦と豊玉姫のロマンスの地でもあることから、縁結びの神が宿ると言われています。日向七福神のひとつで、琵琶を抱いた美しい弁天像もあります。

「弥生橋」を渡って右手へと進むと、「鬼の洗濯岩」の風景の横に鳥居が見えてきました。

古くは島全体が霊域とされ、江戸の頃まで一般の入島は許されていなかったそうです。

鳥居をくぐって、砂の参道を進んでいくと、本殿があります。

本殿の横にさり気なく、絵馬のアーチから続く小道があります。その先は、ジャングルのように亜熱帯の樹木が鬱蒼と繁っていて、特別天然記念物「青島亜熱帯性植物群落」に指定されていいます。その奥へ進んでいくと「元宮」があります。

青島の周辺は、写真に撮りたくなるスポットが多く、海外からの観光客の方が多くみえていました。

プリンとカレーのお店「フジヤマプリン」

青島駅近くでカフェを探してみると、駅からすぐ近くにプリンとカレーのお店「フジヤマプリン」がありました。

プリンはとろけるタイプで、卵不使用なんだそうです。瓶に入っているので、持ち帰りもできます。瓶を再利用するために、お店へ再び届けると返金してもらえます。

プリンには、たくさんの味のヴァリエーションがあります。ほうじ茶、黒ごま、黒糖、チョコミルク、チャイ、カフェラテ・・・たくさんありすぎて迷ってしまいます。1つ300円前後です。

いろんな味の中でも、スタンダードな部類の「沖縄黒糖プリン」をいただきました。テイクアウトで買うと、黒蜜がついていて、食べる時に自分でかける感じです。プリンと言うよりは、クリームを食べている感じです。カスタードや生クリームが好きな方にはいいかもしれませんね。

元々はカレーのお店だったそうなので、カレーも食べてみたいですね。結構テイクアウトでカレーを頼む方が多くみえました。


あっという間の宮崎滞在。また2時間かけて鹿児島へ。宮崎空港から帰るという手もありましたね。

再びトイピアノさんに箱入りしてもらって、無事岐阜へと帰ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です