大分県大分市|大分初よりみち6〜大分市の街の風景

大分県よりみちの最後に県庁所在地の大分市によりみちしました。生憎雨が降ったり止んだりの天気でしたので、アーケード街を中心に大分の街をよりみちしてまわりました。

桜の花見ができるスポットや、カフェなどのよりみちスポットをご紹介します。

【よりみちレポート】大分県大分市|大分初よりみち6〜大分市の街の風景

日時:2017年4月
エリア:大分県(大分市)

大分県の中津市、別府市、由布院、豊後森、大分市によりみち。これで全国47都道府県によりみち制覇しました。

よりみちスポット

由布院駅から大分駅へ

由布院駅から大分駅までは、特急で45分、普通で1時間ほどとそれほど変わりません。普通列車は赤い車両のワンマンカーでした。

大分駅は、いたるところに黒い犬の可愛いイラストがありました。トイレのロゴなんかも、ほんわかした感じです。

「くろちゃん」というキャラクターで、JR九州の観光特急「あそぼーい!」のキャラクターです。「くろちゃん」の本名は「あそくろえもん」で、「黒川の近くで生まれた黒犬2歳」という設定なんだそうです。

JRおおいたシティの屋上施設には、ミニSL「くろちゃん電車」が走っていたり、子供向けスペース「くろちゃんひろば」があったり、大分駅は、くろちゃんに占領されています。大人気ですね。

大分駅に到着。雨の大分市。降ったり止んだりしてます。

大分駅の駅舎も、JR九州の数々の列車や駅舎を手がける水戸岡鋭治氏のデザインです。

なぜか大分駅の入り口に二羽の鶏と、金の卵の像があります。

制作者は、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」でも知られる彫刻家の「薮内佐斗司(やぶうち さとし)」さんです。大分県は九州で最東に位置し、朝日が昇るのも早い、朝を告げる動物といえば『にわとり』という意味で設置されたそうです。

大分駅周辺の街の風景

大分駅前のアーケード街「セントポルタ中央町」へ。結構いろんな音が聞こえてきて賑やかでした。

イベントができそうなスペースもあります。「ガレリア竹町ドーム広場」

煉瓦造りのレトロな建物が、大分銀行「赤レンガ館」です。

1913年(大正2年)、旧二十三銀行本店として建てられました。東京駅なども手掛けた辰野金吾氏による設計で国の登録有形文化財にも指定されています。

2018年にリニューアルされました。大分の特産品などのお店「Oita Made shop」や、カフェ「タウトナコーヒー」が入りました。

そういえば、大分といえば、「別府アルゲリッチ音楽祭」があります。ポスターがあちこちにありました。

赤レンガ館の脇の道をいくと、「府内五番街商店街」という商店街があります。商店街のいたるところに猫の絵が描かれてました。

大分といえば麦焼酎の「いいちこ」も、大分の特産品です。「iichiko音の泉ホール」や、NHKが入る「大分県率総合文化センター」。全面ガラス張りの窓で、明るい室内です。

近代的な建物「大分県立美術館OPAM」のカフェでランチ

「大分県率総合文化センター」から大通りの向こう側まで通路がつながっていました。白とガラスが印象的な近代的な雰囲気です。

その通路の向こう側にあるのが「大分県立美術館OPAM」です。

白を基調にして、どことなくパステル調な雰囲気の内装です。プールの形をしたアート作品など、無料で見られる作品も展示してありました。

大分県立美術館の2階にある「café Charité (カフェ シャリテ)」でランチをいただきました。大分の素材を使ったメニューが並びます。

大分特産のカボスを使った鳥のソテー。ふわっと柑橘の香りが、食欲をそそる一品です。

府内城(大分城)の桜

「大分県立美術館」から幹線道路を東の方へ10分ほど行くと、「府内城(大分城)」のお堀が見えてきます。

お堀の周りには桜が植えられていて、春はお花見が楽しめます。

お城の東側に小さな公園があって、こちらで座ってお花見が楽しめそうです。

本に囲まれてティータイム「カモシカ書店」

アーケード内のイベントスペース「ガレリア竹町ドーム広場」の近くにある「カモシカ書店」へ。こちらは本屋ですが、中でお茶がいただけます。

カモシカ書店にてティータイム。中津のほうじ茶を使用したほうじ茶ミルク。

ミルクにそのままティーバッグを入れると味が出にくいんですよね。一度お湯で出してからミルクを入れるとほうじ茶の味も感じやすくなるんですよね。だから、今回はお茶の香りだけいただきました。

大分県産かぼすのドリンク

大分のコンビニで見つけました。「かぼすサイダー」に、アルコール飲料の「かぼすハイボール」。どちらも、かぼすの爽やかな味でさっぱりします。お土産にもいいかもしれません。

大分県によりみちしたら、見つけてみてくださいね。駅などにもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です