愛知県清須市|清洲城五条川周辺の桜の風景

愛知県清須市にある清洲城。その前を流れる五条川周辺は、桜の名所になっています。2017年4月上旬の早朝によりみちしてみました。

桜のトンネルを求めて、各地を回っています。両側からブワーって咲いてる感じのところ。なかなか思ったような桜のトンネルには出会えません。

【よりみちレポート】愛知県清須市|清洲城五条川周辺の桜の風景

日時:2017年4月
エリア:愛知県(清須市)

よりみちスポット

名鉄新清洲駅から清洲城へ

愛知県清須市にある清洲城を訪れようとすると、最寄駅はJR清洲駅か、名鉄の新清洲駅です。清洲城までは、どちらの駅からも、歩いて15分ほどのところにあります。

今回は、名鉄新清洲駅から、清洲城へ向かいます。

しかしながら「キヨス」と言う漢字もややこしいです。「清須」と「清洲」が混在してあります。

どちらも正しく、同じ地域や城を示しているそうです。伊勢神宮領を記録した14世紀中頃の『神鳳鈔(じんぽうしょう)』に「清須御厨(きよすみくりや)」として記載されているのが最古の記載とされています。『信長公記』では「清洲」、『三河物語』では「清須」と記載されている。

市が合併した際に、市の名前が「清須」になったそうです。

新清洲駅から清洲城までは、五条川の川沿いに北の方へ行きます。JRに乗っていると見える赤い橋と清州城へ到着。朝7時前の道はまだ静かでした。7時を超えると学生の姿が多く、自転車もたくさん通っていきます。

五条川の桜の風景

清洲城の川を挟んで向かい側に「清須古城跡公園」があり、この辺りから桜並木があります。

桜越しに「清洲城」が見えます。

お城より北側は車が通行できないようになっていました。朝は桜を独り占めできます。

この後、帰る頃にはもう学生の自転車がバンバン通って行きました。この通りが通学路なんですね。

屋台も出ていて、週末は賑わうそうです。草の上に腰を下ろしてお花見と言うのもいいですね。

道の両側に桜の木があるので、桜のトンネルをくぐる感じでお花見ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です