岐阜県笠松町|笠松競馬場奈良津堤の桜の風景

岐阜県羽島郡笠松町にある笠松競馬場。その前を流れる木曽川の周辺は、桜の名所になっています。2017年4月上旬の朝によりみちしてみました。

桜のトンネルを求めて、各地を回っています。両側からブワーって咲いてる感じのところ。なかなか思ったような桜のトンネルには出会えません。

【よりみちレポート】岐阜県笠松町|笠松競馬場奈良津堤の桜の風景

日時:2017年4月
エリア:岐阜県(羽島郡笠松町)

よりみちスポット

名鉄新清洲駅から笠松駅へ

愛知県清須市の清洲城周辺で桜の風景に出会ったあと、岐阜県の笠松に移動して、もう一箇所桜の名所を巡りました。

【参考記事:】

名鉄の新清洲駅から笠松駅は、特急で20分ほどです。笠松駅から、地下道を通って笠松競馬場の方へ向かいます。

奈良津堤の桜の風景

笠松競馬場の前を木曽川が流れていて、その土手沿いに桜並木があります。

こちらは車やトラックがひっきりなしに通る抜け道になっています。通行量はかなり多め。たまたま車がいなくなった時に撮れましたが、信号のない横断歩道を渡るのは一苦労です。

「春まつり」というのぼりもたっていて、屋台がちらほらでています。朝はさすがにまだ開いてません。

奈良津堤を笠松競馬場の駐車場がある方面へおりてみると、桜のトンネルがありました。

右手にある土手の上を車がひっきりなしに通るので、騒音は凄いです。ゆったりと桜を鑑賞すると言うよりは、賑やかな方が好きな方向きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です