神奈川県横浜市|春の横浜1〜山手エリアによりみち

神奈川県横浜市の山手エリアと山下エリアをよりみちしました。まずはJR山手駅から山手エリアによりみちしました。港を見下ろすようにある山手エリアは、ちょうど桜が満開を迎えていて、桜がチラチラと風に吹かれて散ってきていました。

全国都市緑化よこはまフェアがちょうど開催されていた港の見える丘公園にもよりみちしました。

【よりみちレポート】神奈川県横浜市|春の横浜1〜山手エリアによりみち

日時:2017年4月
エリア:神奈川県(横浜市中区)

神奈川県横浜市の山手エリアと山下エリアによりみち。

よりみちスポット

新横浜駅から山手駅へ

JR新横浜駅。横浜駅は訪れたことがあったけど、新横浜駅には初めて降り立ちました。新幹線が通る新横浜駅と横浜駅は少し離れています。横浜市営地下鉄ブルーラインや、JR横浜線で10分ちょっとです。

横浜駅で根岸線に乗り換えて、JR山手駅へ。横浜駅から山手駅まで10分ほどの乗車です。

山手駅前は入り組んでいて、なんだかごちゃごちゃしてます。いろんなものをぎゅっと詰め込んだ感じです。

山手駅周辺の街の風景

山手駅前の商店街「大和町商店街」。こちらも印象はごちゃっとしてます。空を見上げると、電線が張り巡らされているからそう感じるのかもしれません。ある意味、昔ながらっていうことなのかもしれませんね。

「山手」というだけあって、階段や坂道が多いところです。

製材所などの工場もちらほら見かけます。ある種、のほほんとした感じがします。

桜咲く山手公園へ

山手公園へ。斜面にある公園なので、階段を登って上のエリアに行きます。トイピアノがちゃんとありますけど、わかりました?

のんびりとしてます。木陰が気持ちいいです。散歩をするのにはちょうどいいですね。

階段を登ると、桜吹雪で出迎えていただきました。

レトロな建物の旧山手68番館。元々は外国人向け賃貸住宅のひとつだった建物です。周りではテニスを皆さん楽しんでいらっしゃいました。

春を感じる花壇があちこちにありました。

緑とほのかな桜色と、空の青色のコントラスト。素敵な風景に出会えました。

今年から雙葉なんです・・・

近くの横浜雙葉学園に通うようかい手々てんさんに遭遇しました。

山手公園から元町公園へ

山手にはいくつか有名な学校があります。一つはキリスト教系の学校「フェリス女学院」。中高一貫教育の学校と、大学があります。

そして、横浜雙葉学園。先ほど、こちらに通う予定のようかい手々てんさんにお会いしました。わざわざ学校の名前を言うということは、お受験が大変なんでしょうね。

元町公園に近づいてきました。海からはまだ離れてますが、港町な雰囲気がします。

元町公園の入り口あたりにある、電話ボックスと桜。いいレトロ感を醸し出してます。

元町公園を少し過ぎたところにある「岩崎博物館(ゲーテ座記念館)」「山手ゲーテ座」。

元々服飾系の学校として出発した岩崎学園の服飾博物館です。ゲーテ座ホールでは、クラシックの演奏会も開催されています。

「全国都市緑化よこはまフェア」開催中だった「港の見える丘公園」へ

「港の見える丘公園」では、「第33回 全国都市緑化よこはまフェア2017」が開催されてました。公園中に緑や色とりどりの花が飾られていました。

公園のあちこちに緑があふれてました。緑の妖精のマスコット「ガーデンベア」もいます。

ガーデンベアは生まれておよそ200 才。恥ずかしがりやの妖精、ガーデンベアの姿は普段人間には見えませんが、2017年春、横浜で大きなガーデンフェアが開かれると知って、ついに勇気と期待を胸に人々の前に姿を現しました!・・・とのことです。

噴水のある「港の見える丘公園 沈床花壇」。向こうに見える建物は「大佛次郎記念館」。横浜ゆかりの作家「大佛次郎」の業績と生涯を様々な資料で紹介しています。

園内を巡ると、思わず写真を撮りたくなる場所がたくさんあります。ロケハンしながら巡るのも楽しそうです。

公園の下あたりにある港の方へ向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です