滋賀県甲賀市|甲賀の山奥にあるMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)へ

延暦寺へのよりみちの翌日、浜大津から甲賀の山奥にある「MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)」によりみちしました。

琵琶湖の辺りを少し散策してから、京阪で石山駅へ。ミホミュージアムへのバスが出ています。駅から人里はんれた山奥へどんどん進んでいき、こんなところに何かあるのか・・・と疑い始める頃に美術館が見えてきます。

【よりみちレポート】滋賀県甲賀市|甲賀の山奥にあるMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)へ

日時:2017年6月
エリア:滋賀県(大津市、甲賀市)

京都の車折神社によりみちした後、比叡山を通って滋賀県の大津によりみちしました。

よりみちスポット

浜大津で琵琶湖をぶらり

夜中にかなり荒れた天気だったようですが、翌日はいい天気。琵琶湖から気持ちいい風が吹いてます。釣りをされている方も大勢みえました。

琵琶湖のほとりには、無人の竿が立てられています。

湖の周りにある公園には、ところどころに「外来魚回収ボックス」なるものがありました。ブラックバスやブルーギルなどの外来魚を釣ったものを回収するみたいですね。

ミホミュージアムへのアクセス

「びわ湖浜大津駅」から2駅先にある「石場駅」まで琵琶湖を散策しました。ゆっくり写真を撮りながら15分ほどで到着。ここから、ミホミュージアムへのバスが出ている「石山駅」へ向かいます。10分ほどの乗車です。

「石山駅」に到着して、びっくり。バス停に長蛇の列ができています。みなさん「ミホミュージアム」目当ての乗客です。日本語よりも中国語がたくさん聞こえてきました。「ミホミュージアム」って、こんなにアジアの方に人気があるんですね。知りませんでした。

満員のバスは、ほとんど人を途中で降ろすことなく、どんどん山奥に入っていきます。

そのままの混み具合で終点のミホミュージアムへ。石山駅からは50分ほどかかります。

「ミホミュージアム」へのアクセスは、北側の「石山駅」からバスで行く方法と、南側の「信楽駅」からバスで行く方法があります。

巨大な美術館「ミホミュージアム」へ

こんなところに何かあるのか・・・というところに、ドーーンと「ミホミュージアム」の施設が現れる感じです。

ちなみに、こちらの美術館は宗教団体「神慈秀明会」によって作られた美術館です。「桃源郷」のイメージで作られたのでしょうね。だから、人里離れたところにあるわけです。美術館の近くに来ると、急に田畑が現れます。バスはその田畑の間をぬうように進みます。このあたりで自給自足の生活をされているみたいです。

こちらがエントランス施設です。美術館の入り口というわけではなく、チケットセンターとレストランだけです。

こちらでチケットを購入して奥へ進みます。

美術館まではまだまだ道のりがあります。門を超えて、どんどん奥へと進んでいきます。

トンネルを越えていきます。

暗いトンネルを越えると、その先に外の光が差し込む。「牛久大仏」や、「MOA美術館」などでも、同じような体験をした記憶があります。

宗教にとって、光と闇のコントラストというのは重要な要素なんですね。

トンネルを抜けるとようやく美術棟が見えてきました。建物のガラス面に空が写って、自然と一体になっている感じが素敵です。

歩いてくると、ここまで10分ほどかかります。緩やかですが、坂道を歩くのが大変という方には、無料の巡回バスが走ってます。

建物の内部は、構造体がむき出しになっていて、それを見てまわるだけでも面白いです。

今回の展示は、和ガラスとエジプトという2つの不思議な組み合わせ。江戸って粋だったんだね、って感じる展示でした。

管内にあるカフェ「Pine View」で休憩。日向夏のソルベをいただきました。サンドイッチのランチなどもあります。お昼前に入ったので、まだ店内はゆったりしてました。

外が眺められるいい席に案内していただけました。向こう側に見える建物も、所有の施設なんだそうです。

そうこうしているうちに、お昼を過ぎて、一気に混んできます。ここで、ランチを食べておけばよかったかも・・・

来るときはほとんど歩いている人がいなかったのに、帰りは結構人がいます。

チケットセンターのレストラン「Peach Valley」で食べようかと思って行ってみました。すると、建物の外にまで、レストランの行列が続いていました。さすがに今回は諦めました。やっぱり、さっきのカフェでランチを食べればよかったです。

レストランに入るなら、お昼前の開店と同時くらいならすぐに入ることができます。先に食事をしてからみて回るのが良さそうです。

行きのバスは混んでいましたが、もちろん帰りのバスも、混んでます。バス停のあたりには日除があまりないので、日傘は必須かもしれません。

これにて、京都と滋賀のよりみち終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です