北海道稚内市|北海道よりみち旅2017夏20〜宗谷丘陵で出会った白い道

最北端の宗谷岬から、南側は、丘陵になっていて、壮大な風景が広がっています。ぜひ見てみたいと思って、よりみちしました。貝殻を敷き詰めた白い道(シェルロード)もとっても素敵です。

稚内には、「稚内フットパス」という4つのコースが設定されている散策路があります。

【稚内フットパス】

宗谷丘陵コースの他にも、稚内公園コース、ノシャップ岬コース、空港公園メグマ沼コースの4つです。ロングコースとショートコースのものもあります。

今回は、宗谷岬から、宗谷公園までの宗谷丘陵コースロングコース(11km、4時間の予定)を行きます。

【よりみちレポート】北海道稚内市|北海道よりみち旅2017夏20〜宗谷丘陵で出会った白い道

日時:2017年8月〜9月
エリア:北海道(稚内市)

北海道の最東端「納沙布岬」と最北端「宗谷岬」をめざして11日間のよりみち旅。

よりみちスポット

宗谷丘陵の牧場地帯をいく

最北端の地から、本日のよりみちスタートです。「稚内フットパス」の「宗谷丘陵コースロングコース」で、今日はここから宗谷丘陵を越えて、宗谷公園を目指します。

夜に光が見えていた「宗谷岬灯台」がある「宗谷岬公園」へ向かいます。お土産物屋が並ぶあたりの坂を登っていきます。

高台にある、紅白のツートンカラーが鮮やかな「宗谷岬灯台」。この灯台の歴史は古く、北海道内では納沙布岬(根室)、日和山(小樽)に次いで、3番目に建てられ、明治18年(1885)に初めて点灯されました。

「宗谷岬公園」は高台にあります。いろんなモニュメントが屋外にあったり、展望台もあります。海を眺めるにはとってもいいです。

天気がいいと、サハリンまで見えるんだとか。

遠くからも見える「祈りの塔」。この辺りの風景から、もう牧場の草原が広がってます。

宗谷丘陵へと歩き出してすぐに風車小屋が見えてきます。その周りは牧場になっていて、黒い「宗谷黒牛」たちが気持ちよさそうにのんびりと草を食べていました。

見えていた風車小屋は「ゲストハウス・アルメリア」の建物です。中のレストランで、宗谷黒牛を使ったハンバーグなどの料理がいただけます。

展望台もあり、営業時間中は開放された無料の休憩施設として自由に休むことができます。

牛舎もあって、牛の鳴き声が聞こえてきます。ずっと牧場が続きます。ずーーーーっとまっすぐな道。

歩いている人とは、誰一人としてすれ違いませんでした。

大地のスケールを感じます。心地いい風が吹き抜けていきます。風で草が揺れるので、風を目で見ることができます。

まだまだまっすぐな道。こういう地平線まで道が続いている風景というのも、北海道っぽい風景ですね。

丘陵なので、結構でこぼこした地形になってます。その中でも一番特徴的な「丸山」といわれる山。てっぺんには自衛隊のレーダー施設があります。もしかしたら、この山が、日本で一番北にある山と言えるかもしれません。

ここから、まだまだなだらかな坂が続きます。

牧草地はひらけているので、気持ちがいいですね。見通しのいいところの風景が、自分は好きなんだなというのが分かりました。

風車が立ち並ぶウィンドファーム

牧場地帯を抜けると、風力発電の風車がたくさん並ぶ風景が見えてきます。「宗谷岬ウィンドファーム」へ。

風車もこれだけ並ぶと壮観です。

礼文島へ渡るフェリーに乗った時に風車が見えていましたが、ちょうどこの辺りのものです。

【参考記事:】

宗谷丘陵を歩いていると、自転車でツーリングする方とは多くすれ違いました。「丘陵」ですから、結構坂が多く、上り坂は大変そうでした。特に、牧場を抜けて風車が増えてきたところあたりから、坂がきつくなりました。漕がずに自転車を押して上がっていく方もいました。

そうやって考えると、歩くのって、坂を行く場合は意外と楽なのかもしれません。結局歩いている人は一人も見かけませんでした。

目に映える、白い道

「宗谷岬ウィンドファーム」を抜けると、今度は目に映える「白い道」が現れます。これは、貝殻を敷き詰めたもので、貝殻の白い色を出しているんです。貝殻の道なので「シェルロード」ともいわれます。

この白い道は写真映えするということで、最近観光スポットとして有名になってきていて、ホテルから送迎バスで来られている方もみえました。

こちらでようやく歩いている方もすれ違いました。結構車も通ります。

こちらの風景が、【ウノゾーン通信2018年7月8月号】の表紙の「ここどこ?」写真でした。

本当に真っ白です。空の青、草の緑、白の道と、とても鮮やかな風景でした。

遠くに見える海の方を見てみると、うっすらと海の向こうに利尻島の利尻富士が見えました。

白い道は数キロに渡って続きます。海に向かってまっすぐ白い道があります。海が近くなってきました。もうすぐフットパスのゴール地点です。

今回のゴール地点に決めた、「宗谷厳島神社」のあたりからここに来ると、すぐに白い道に出会うことができます。こちらの白い道だけ散策しにくるのはこちら側から来た方がいいです。

白い道だけじゃなくて、はじめに出会った牧場地帯のあの丘陵の風景もとても良かったです。

目で楽しむだけでなく、空気や風を楽しむのがいいなと思います。

「宗谷厳島神社」へ到着

「白い道」の終わりから、突き当たりを少し東へ行くと「宗谷公園」の中に「宗谷厳島神社」があります。これで、宗谷丘陵コースロングコースのゴールになります。

「宗谷厳島神社」へお参り。

小さい子たちが、遠足で訪れていたので、ここでプチよりみちコンサートをして、バイバ〜イしました。

「宗谷公園」から少し歩くと国道238号線に出ます。国道沿いにある「宗谷バス停」からバスに乗って稚内の市街地へ戻ります。

壮大な風景に癒されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です