佐賀県唐津市|天草・佐賀・対馬のよりみち旅20〜夜の唐津

佐賀市内をよりみちして回ったあと、翌日呼子方面に向かうために、「唐津市」で一泊しました。夜の唐津の風景と、グルメ情報をご紹介します。

【よりみちレポート】佐賀県唐津市|天草・佐賀・対馬のよりみち旅20〜夜の唐津

日時:2018年8月〜9月
エリア:佐賀県(唐津市)

天草・佐賀・対馬をよりみち旅しました。

よりみちスポット

「佐賀駅」から「唐津駅」へ

佐賀駅から「唐津駅」までは、JR唐津線の列車で一本でいけます。1時間ちょっとの乗車です。大体の列車は終点の「西唐津駅」まで行きます。「唐津駅」はその一駅手前にあります。

佐賀の夜の町並み見てみたかったですが、次のよりみちの地「呼子」に早朝から移動するために、唐津に一泊することにしました。

夕暮れ時に走る列車の車内は、学生の乗客でごった返していました。

夜の「唐津駅」に到着。3年ぶりにきました。

【参考記事:】

唐津駅の北口前には、唐津焼で出来た赤獅子像があります。

「居酒屋かんすけ」で海の幸

唐津市役所や、大手口バスセンターがある大通りから一本中に入った飲食店街の通りです。

唐津の夜の街はひっそりとしています。それもそのはず、日曜日の夜というのは、結構どの土地でも飲食店がお休みになってひっそりしてしまいます。

「旧唐津銀行 辰野金吾記念館」の明かりだけが目立っていました。

そんな中見つけたのが、「居酒屋かんすけ」。「旧唐津銀行 辰野金吾記念館」をもう少し東へ歩くとあります。

向こうに見える「風林火山」と姉妹店になってます。こんなに近いと、どっちに行くか迷っちゃいますね。

日曜日に開いていてくれるだけでも嬉しいですが、財布に優しい価格のお店でした。

イカ料理もありましたが、翌日からイカで有名な呼子に行くので明日に取っておきます。イカ以外の海の幸、鯵の姿造りいただきました。プリプリです。まだピクピク動くくらい新鮮です。魚のコロッケ「魚ロッケ」も、魚の旨味と栄養を丸ごといただける感じで美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です