ピアノ弾くとき鍵盤を押したり叩いたりではなく、〇〇〇

今回のウーーノの「目からウロコのピアノレッスン」はピアノを弾くときの基本の基本についてのレッスンです。「歩く」とか「走る」ってどういう動作をしてたっけ?という感じのお話です。でも、これを知っているのと知らないのとでは、大きく変わる事だと思います。

今回のテーマは

ピアノ弾くとき鍵盤を押したり叩いたりではなく、〇〇〇

鍵盤を弾いている姿は、指で押しているようにも見えますし、上から叩いているようにも見えます。でも、実際ピアニストの指先で起きていることというのは、「押す」でも「叩く」でもありません。

「〇〇〇」ということをしています。

答えはひらがなだと3文字です。もう少し突っ込んでいうと「押す+〇〇〇」、「叩く+〇〇〇」というふうに組み合わせをしているかもしれません。どちらにしても「〇〇〇」ことがコツなんです。

いかがでしょう。ピアノを弾く基本わかりますか?

>>>次のページで「答え」と「解説」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です