岐阜県中津川市|甘味処「榧」で冬季限定の栗しるこ

岐阜県の中津川市といえば、栗きんとんで有名です。栗きんとんの老舗「すや」が展開している甘味処「榧(かや)」では、季節で異なる栗の甘味をいただけます。冬季限定の「栗しるこ」を食べによりみちしました。

【よりみちレポート】岐阜県中津川市|甘味処「榧」で冬季限定の栗しるこ

日時:2018年10月
エリア:岐阜県(中津川市)

よりみちスポット

中津川駅から甘味処「榧」へ

木曽福島での演奏の帰りに中津川によりみち。栗きんとんの老舗「すや」が展開している甘味処「榧(かや)」で冬季限定の栗の甘味「栗しるこ」を食べにいきます。

中津川駅から甘味処「榧」まで歩くと、駅から東の方へ20分ほどかかります。

今回の旅では、木曽路への旅行でとてもお得な「木曽路フリーきっぷ」を利用しました。この切符には、バス・タクシー・レンタカーを4000円分利用できる「木曽路エンジョイチケット」がついています。中津川駅も「木曽路フリーきっぷ」のフリー区間に含まれています。

今回は「木曽路エンジョイチケット」を利用してタクシーに乗車しました。

「木曽路エンジョイチケット」にはバス・タクシー・レンタカーを4000円分利用できる券がついていますが、500円券、100円券、50円券、というように分かれています。お釣りは出ないので、タクシー料金に一番近くなるように組み合わせで利用します。

中津川駅から甘味処「榧」まで2キロほどで、タクシーで1000円ちょっとです。6分ほどの乗車でつきました。

甘味処「榧」のある敷地には、栗きんとんなどを購入できる「すや西木」の建物もあります。「西木」というのは、「栗」という感じが「西」と「木」という漢字から成り立っているので、そう名付けたそうです。軒ちかくに栗の木が植えられています。

「すや西木」の庭の中に茶室のような建物があり、こちら甘味処「榧」です。庭には榧の木が植えられています。

甘味処「榧」であたたかい「栗しるこ」

庭の風景を眺めながら、あたたかい「栗しるこ」をいただきました。冬季限定の商品で、10月〜12月頃にいただくことができます。

栗そのものをいただいている感じのお汁粉です。甘さもちょうどよく、素材からくる甘味が生きています。漬物の塩気を感じると、より一層栗の甘さが引き立ちます。

冬はあたたかい「栗しるこ」ですが、夏は冷たい「栗白玉」をいただけます。又、冬はガラス戸を閉めて室内を暖かく保っていますが、夏は扉を開けて、外の空気と一体になる感じです。爽やかな風を感じながらいただけます。

【参考記事:】

中津川によりみちする際は、季節の甘味をいただきに甘味処「榧」を訪れてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です