岐阜県郡上市|夏の郡上八幡、よりみちグルメと気になるお店

ウーーノ作曲のトイピアノ作品「ながれ」の演奏動画撮影のため、郡上八幡の水辺の風景をよりみちしてまわったあと、郡上八幡の町をよりみちしてまわりました。

新しくできたお店や新名物、気になるお店がたくさんありましたのでご紹介します。

【よりみちレポート】岐阜県郡上市|夏の郡上八幡、よりみちグルメ

日時:2019年7月
エリア:岐阜県(郡上市)

よりみちスポット

郡上八幡グルメ1:「HARMONYほとり」のかき氷

「郡上八幡旧庁舎記念館」から郡上八幡駅の方面へ西に伸びる道沿いに、古い町並みや商店街があります。そこに新しくできたのがカフェ&スイーツのお店「HARMONYほとり」です。

夏は自家製シロップのかき氷、秋から春にかけては五平餅などのほっこりおやつ処になります。

白を基調にした店内に、木目の机や椅子でほっこりしています。

夏季限定の、いちごミルクのかき氷。巨大に盛られたふわふわのかき氷の上に、あきひめや紅ほっぺなどの苺を使用して作った自家製のいちごのソースとミルクシロップがたっぷりかかってます。いちごの自然の甘さと酸味がミルクシロップとマッチして美味しいです。暑い日に欲しくなる甘さと爽やかさが両方感じられます。

他にも、「甘夏みかん」「黒蜜きなこ」「苺杏仁」「柚子ミルク」「ダブルベリーヨーグルト」「沖縄パインヨーグルト」「ラムレーズンミルク」「生キウイ&沖縄パイン」など、個性的なラインナップのかき氷がいただけます。

こちらも夏季限定の、郡上苺のクリームソーダ。いちごシロップをかき混ぜながらいただきます。

冬のほっこりおやつも頂いてみたいです。

「HARMONYほとり」で出会ったようかい手々てん。

郡上八幡グルメ2:「団子茶屋 郡上八幡」のみたらし団子

こちらも「HARMONYほとり」と同じ通りに新しくできた「団子茶屋 郡上八幡」。

団子一本から焼き上げてくれます。みたらし団子1本100円でテイクアウトも可能ですが、奥の座敷やテーブル席でイートインもできます。昔の町屋の感じで、奥に細長い造りになっています。

イートインだと「団子セット」がオススメ。団子2本ついて、ドリンクが選べます。ソフトドリンクの他に、郡上八幡のクラフト地ビール「こぼこぼ」をつけることもできます。

イートインスペースの真ん中あたりにカウンターテーブル席があって、そこからは中庭が眺められます。

テイクアウトで食べ歩きもいいですが、暑い日は涼しい店内で、涼しげな中庭を眺めながらお団子をいただくのもいいですね。

みたらし団子は、柔らかめのお団子です。きなこがついてくるので、途中で味変して食べることもできます。

郡上八幡グルメ3:「玄麟 もみぎり」のおにぎり

こちらも「HARMONYほとり」「団子茶屋 郡上八幡」のある通りにあるお店「玄麟 もみぎり」。平日お昼時のみ営業している手作りおにぎりとおかずのお店です。八幡町島谷にあるマッサージ屋さん「もみや」の奥さんが始めたおにぎり屋さんなので「もみぎり」なんだそうです。

夜は居酒屋「玄麟」として営業しています。右手の通路を奥に行くと、「郡上八幡麦酒こぼこぼ」のお店があります。

お隣の旅館「中嶋屋」は昔演奏できた時に宿泊しました。

【参考記事:】

おにぎりは1つ100円から200円で、具材によって値段が変わります。中に入れる具は、梅干しや明太子などのスタンダードなものから、高山の漬物「めしどろぼう」や明宝ハム、チャーシュー、キーマカレーなど10種類くらいから選べます。そして、おにぎりに巻くものも「のり」か「おぼろ昆布」から選べます。

おにぎりの他にも、「今日の手作りおかず」のメニューが何品かあって、そちらをつけることもできます。

手軽にお昼をいただきたいときや、持ち帰って食べる時に便利です。

夏休みでお店を手伝っていた、子供たちのようかい手々てん発見!

郡上八幡グルメ4:「カンミナ」の豚骨ラーメン

「玄麟 もみぎり」の斜め向かい側に、こちらも新しくできた郡上豚骨ラーメンのお店「カンミナ八幡店」。本店は郡上白鳥にあります。

「郡上豚骨ラーメン」は、豚骨と数種類の野菜をじっくり煮込んだ特製スープに、本場博多から直送のオリジナル麺、地元郡上味噌が芳ばしく薫る自家製鶏ちゃんを合わたラーメンです。

岐阜のソウルフード「鶏ちゃん」が入っているところがミソです。鶏と豚が出会ってしまったわけですね。

豚骨ラーメンというと、高菜を入れたり、ニンニクを入れたり、醤油やゴマや紅生姜など、色々と自分流に味変ができますから、味噌とんこつというのも合いますよね。ちなみに、鶏ちゃんが入らない普通の豚骨ラーメンもあります。思っているよりはあっさりした味です。鶏ちゃん多めでもいいかなと思います。

「カンナミセット」だと、一品料理として鶏ちゃんがついてきます。

郡上八幡グルメ5:ご当地サイダー「郡上八幡天然水サイダー」

高速バスの起点になっている「城下町プラザ」や長良川鉄道の郡上八幡駅のショップなどで、ご当地サイダーがありました。スタンダードな直球勝負のサイダーです。

「城下町プラザ」で見つけた「郡上八幡天然水サイダー」。ラベルには、郡上おどりを踊っている人が描かれています。だから、キャッチフレーズは「踊る炭酸」。水の城下町として名高い郡上八幡の中でも、鍾乳洞が多い安久田地区の湧水を使用して仕込んだ、郡上八幡のご当地サイダーです。

それほど炭酸が強くなく、のどごしがいい、優しいサイダーです。昔ながらの甘めな味です。

郡上八幡で見かけた気になるお店

吉田川にかかる宮ヶ瀬橋のすぐ北側のところにあった「ホシクズシャ(星屑舎)」。オリジナルの郡上おどりの手拭いなどがある雑貨屋さんのようですが、この日は定休日でした。

同じく吉田川にかかる宮ヶ瀬橋のすぐ南側にあるカフェ「ここち」とそのお隣のカフェ&マルシェ「み.きまま」。

カフェ「ここち」は、かき氷やパニーニなどがいただけます。吉田川沿いにあって、奥へ行くと、吉田川ガーデンテラスになっていて、川の流れる風景を眺めながらいただけます。

カフェ&マルシェ「み.きまま」は、自然食やフェアトレードのネパール珈琲などがいただけます。

「宗祇水」からすぐのところにある和カフェ「宗祇庵」。抹茶スイーツなど和テイストのスイーツがいただけます。

オリジナル手ぬぐい作り体験ができる「Takara Gallery Workroom / タカラギャラリーワークルーム」。いがわの小径の近くにあります。オリジナル手拭いの販売もしています。

新しくできたゲストハウス「水屋」。明治時代に創業した水屋旅館が新しく生まれ変わりました。個室とドミトリーがあります。

イベントなども催される「願蓮寺」。季節ごとにいろんな風景が見られます。

郡上市民病院の横にある「郡上八幡中央公園」。この公園がオープンする日にトイピアノ演奏を届けてきました。

【参考記事:】

最近郡上八幡には新しいお店がたくさんできています。郡上八幡にぜひよりみちしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です