【超難問 PART.6】ピアノやってる人なら、これだけでも何の曲かわかる?! モーツァルト・ピアノソナタ特集

クラシックの楽譜って、どうやって弾くのか一見するとわからないものや、まるで絵のように見えるものなど、眺めてみるだけでも意外と面白いものもあるんです。そんな楽譜の風景をクイズ形式で出題する第6弾。

クラシックのピアノ作品の楽譜が、ほんの一部分だけ表示されています。それだけで、何の作品かわかりますか?

今回も5問あります。今回は「モーツァルト・ピアノソナタ特集」。モーツァルトはピアノソナタ18曲作曲しました。曲の中で面白い仕掛けを施したりすると、楽譜の書き方もユニークなものになります。

有名な作品から、独特な楽譜の書き方まで、見た目でも楽しんでいただければと思います。。

さて、全部わかりますか?

答えは2ページ目に載せておきます。

第1問(超難問26)

耳で聞いたのと、楽譜で見るのではイメージが違うこともあります。

ヒント「モーツァルトといえばこの曲」

第2問(超難問27)

モーツァルトのピアノソナタの冒頭は、単純な和音のアルペジオ(分散和音)で始まることが多いです。ドミソだけでもあの曲ってわかりますね。

ヒント「ピアノを習っていれば、確実に通る曲です」

第3問(超難問28)

こちらも冒頭が「ドミソ」のアルペジオ。ただしフラットの調号が付いていて短調の作品です。

ヒント「短調の曲は少ないです」

第4問(超難問29)

これも冒頭が「ドミソ」のアルペジオ。前打音の装飾になっています。こうやって見てみても、アルペジオで始まる作品が多いですね。

ヒント「まぁ、探せば見つかります」

第5問(超難問30)

f(フォルテ)とp(ピアノ)が交互に並んでいます。1音で変化をつけてほしいという楽譜の書き方も、モーツァルトの作品では多くあります。

ヒント「こういう書き方は大体ゆっくりな作品です」

以上、5問全部わかりましたか?
次のページに答えと解説を載せておきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です