【for you…】 楽譜の読み方がわからない?練習の仕方がわからない?

みなさんが、レッスンを受けたとき「この曲やってきて」といわれたことありませんか?ただ「やってきて」といわれるだけ。そして、どうやって練習をしていいのか途方にくれる。 すると、ただただ音をなぞっていくだけの練習。音を間違えずに弾くだけの練習を繰り返していませんか? はっきりいって、絶対うまくなりません。時間だけがすぎていきます。

なぜなら・・・

「音」をだしているだけだからです。「音楽」を演奏していないんです。それでは、いつまでたってもうまくはなりません。
そこで問題なのが、「これやってきて」だと思うんです。
だって・・・楽譜を読み取る方法をならいましたか?
楽譜には音の高さ、音の長さ、音の強さなんかがかいてある・・・だけ?

いえいえ、楽譜にはもっとたくさんの情報が隠されているんです。どうやって弾いてほしいのかちゃんと書いてあるんですよ。 なので、それを読み取ってしまえば、ピアノに触れる前に50%は完成しているといってもいいです。
逆に言うと、「楽譜の読み取り」をしなければ、50%の達成率で終わってしまうんですよ。特にクラシックはこの楽譜からの情報というのが本当に大切なんです。
楽譜を読むのが嫌いという方。もっとうまく演奏したいという方。自身に満ちた演奏をしたいという方。

楽譜の読み取り方から、練習の方法までちゃんとレッスンいたします。わからないことは、先生に聞いてください。恥ずかしがることはありません。「目からウロコのピアノレッスン」受けに来てくださいね。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です