金沢の町の定番観光スポットをよりみちしてまわる

金沢の町は、古いものと新しいものとが溶け込んでいて、とても面白い表現をしているように感じます。とりあえず一度くらいは有名観光スポットを巡らないとね!ということで、ど定番の金沢観光スポットをよりみちしてまわりました。

【よりみちレポート】金沢の町の定番観光スポットをよりみちしてまわる
日時:2010年8月
エリア:石川県(金沢市)

よりみちスポット

にし茶屋街とひがし茶屋街へ

金沢の茶屋街は西と東に2つあります。観光客の方が多くよりみちするのは、東の茶屋街になります。にし茶屋街は、料亭のような建物が並びます。ひがし茶屋街は、甘味処やお土産物などのお店がたくさん並んでいます。

ひがし茶屋街で、冷やし抹茶をいただきました。格子戸から望む外の風景というのは、風情がありますね。

夏の兼六園へ

金沢といえば兼六園!有名な観光地もよりみちします。夏の兼六園は緑一色でした。冬の白や、梅の花、桜の花の季節などいろんな色を楽しめる時期がいいかもしれません。だから、逆にいえば夏は緑を楽しめる季節ということですね。

レンガの赤と芝生の緑の石川県立歴史博物館

兼六園から少し歩くと石川県立歴史博物館があります。レンガ造りの建物で、建物自体に歴史を感じます。その建物の前には芝生広場が広がっていて、赤と緑のコントラストが素敵です。

能が気軽に鑑賞できる石川県立能楽堂

石川県立歴史博物館の向かい側にあるのが、石川県立能楽堂です。能舞台を見学させていただきました。「観能の夕べ」など、とても安い料金で気軽に能を楽しめる企画などがあります。ぜひ見にいきたいものです。

定番の金沢21世紀美術館、おすすめランチ

金沢といえば、金沢21世紀美術館は外せないスポットですね。常設展はなく、企画展のみですが、無料で鑑賞できる作品もいくつか展示されています。野外で作品に触れることもできます。

金沢で食事といえば、近江町市場となりそうですが、意外とおすすめなのが、美術館の中にあるカフェレストラン「Fusion21(フュージョン21)」。メイン料理を選んだら、前菜がバイキング形式でついてくるんです。意外と豪華な前菜が並んでますので、美術館のついでによりみちしてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です