富山県よりみち旅7〜高岡大仏に会う

高岡市は、富山から金沢へ向かう間にあります。北陸新幹線の駅もある街です。岐阜からだと前は直通バスが出てましたが、現在は名古屋から高岡への直通バスに変更となったようです。

高岡には路面電車や大仏もあります。万葉線という路面電車で、ヨーロッパで活躍している低い車体のトラムです。最近の路面電車はこの車体の低い車両が主流になってきました。その先駆けといった感じです。高岡大仏もあるということで、お会いしてきました。

【よりみちレポート】富山県よりみち旅7〜高岡大仏に会う

日時:2011年9月
エリア:富山県(高岡市)

5日間の日程で、富山県の各地と、石川県の金沢によりみちしました。舟橋村、富山市、魚津、宇奈月、黒部峡谷鉄道、氷見、高岡、金沢を巡ります。

よりみちスポット

高岡山瑞龍寺へ

高岡駅の南側、ちょうど新幹線の駅新高岡駅と高岡駅の真ん中くらいに一際大きなお寺「瑞龍寺」があります。

このお寺の前に伸びる道がまっすぐで、灯篭がずらっと並んでいて圧巻です。

お寺の中で抹茶とお菓子をいただくこともできます。結構広いお寺なので、ゆっくり見て回ったり、お庭を楽しんだりしてもいいですね。

高岡を走る路面電車、万葉線

超低床型の路面電車アイトラムが走る、万葉線にも乗ってみました。結構快適です。

土日祝日だけ、なぜか立川志の輔さんの声で車内アナウンスがありました。なぜ週末だけ?

高岡はドラえもんの街へ?

青井記念美術館によりみち。この向かい側に、「高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」という美術館ができたそうです。氷見は忍者ハットリくんでしたが、高岡はドラえもんがいたるところに出没してます。

万葉線もドラえもんトラムができたみたいです。

高岡大仏に会う

高岡駅から高岡城跡の方面に向かう間に、高岡大仏があります。鎌倉の大仏と同じように、外に鎮座しています。

台座の下には阿弥陀三尊などが安置されていて、参拝できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です