円頓寺商店街をいく

那古野での演奏の後、レトロな商店街、円頓寺商店街によりみちしました。最近新しい店やイベントも増えてきて、結構名前を聞く機会が多くなってきた商店街だと思います。

【よりみちレポート】円頓寺商店街をいく

日時:2013年1月
エリア:愛知県(名古屋市西区)

よりみちスポット

レトロが溢れる商店街

名古屋駅からも歩いて行けるほどの距離のところにある円頓寺商店街。ですが、看板一つとってもレトロさを感じる風景に出会えます。

アーケードにはパンダが飛んでいたり、昔懐かしいオレンジのゾウがいたり、お神輿の金のシャチホコがいたり。歩いているだけで発見があり、楽しいです。

昔の名残を感じる、材木問屋

円頓寺商店街の真ん中を突っ切るように、堀川があります。それに沿って、四間道商店街がありますが、川沿いの建物も、なかなかレトロです。

蔵が立ち並ぶ風景もあります。川沿いということで、船で材木を運んでいたんでしょう。材木を船へと運ぶ道が建物の一階にあったりもします。

いろんなレトロに会える町。円頓寺商店街にふらっとよりみちしてはいかがでしょう。

柳ケ瀬倉庫にある「ビッカフェ」にて

古本屋、古道具などがたくさん置いてあるビッカフェ。トイピアノが置いてあっても違和感ありませんね。

マフィンなども販売してます。

雑貨が集まる「スーベニイル」にて

手ぬぐいなど可愛い雑貨が揃うお店でした。こちらも閉められました。こちらの風景も懐かしいです。

自家焙煎の「いしぐれ珈琲」にて

柳ケ瀬の再開発で移転しましたが、現在も柳ケ瀬の中で営業されています。前よりゆったりしています。

こちらも、懐かしい前の店舗の風景です。

アートとカフェが集まった「伊吹堂」にて

ふらっと立ち寄りたくなる「伊吹堂」。ランチやコーヒーをいただきました。こちらも、柳ケ瀬の再開発にともない、お店を閉められました。

こちらで演奏するトイピアノの音は、どことなく優しく響くので好きでした。

こうしてみてくると、岐阜や柳ケ瀬にも時代の移り変わりを感じます。また素敵なお店と出会いがありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です