白川口駅周辺によりみち

JR高山線の白川口駅は、特急ひだも何本か停車する駅です。この辺りは加茂郡白川町です。お隣の加茂郡東白川村へは白川口駅から濃飛バスが運行しています。平日7便、休日4便とかなり少ない本数ですが、これに合わせて東白川村によりみちしてみました。

その前に、白川口駅周辺によりみちしました。白川町というと「国際音楽フェスティバル美濃白川」というオルガンのイベントがあるほど、「オルガン」で有名です。白川町町民会館にパイプオルガンがあり、見てみたいと思いましたが、ちょうど定休日。こちらはまたの機会です。

【よりみちレポート】白川口駅周辺によりみち

日時:2013年7月
エリア:岐阜県(加茂郡白川町)

JR高山線の白川口駅から東白川村をよりみちしました。

よりみちスポット

白川口駅へ鈍行列車で行く

JR高山線で美濃太田駅から五つ目の駅が「白川口駅」です。美濃太田駅からは30分ほどで白川口駅に到着。普通列車で高山線を途中下車の旅しながら行こうと思うと、かなり難しくなります。昼間の本数がかなり少ないです。1本逃すと2時間待ちはザラにありますので、青春18切符などで行く場合は時刻に気をつけておきましょう。

「白川」だけに白川沿いにあります

白川駅あたりで二つの川が合流していて、飛騨川に白川が流れ込みます。駅前の飛騨川に古そうな橋がかかっています。登録有形文化財になっている「白川橋」です。車の通行はできず、歩行者のみの通行になっています。大正15年完成で、昭和53年に改修されているそうです。重厚で、味わい深い橋です。

川を覗いてみると、釣り人も多いです。ちょうど鮎釣の時期でした。

天神橋を渡って、白川町役場あたりでバスに乗ろうと行ってみると「天神うきうきパーク」がありました。うきうき・・・しますよね。パンダもいますしね。

ここから30分ほどバスに乗って、東白川村に向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です