天竜浜名湖鉄道をいく1〜新所原駅から浜名湖佐久米駅へ

静岡県の浜名湖を囲むようにしてある鉄道が、天竜浜名湖鉄道です。新所原駅から掛川駅をつなぎます。全部で38駅2時間ちょっとの鉄道旅です。

みかんで有名な三ケ日や、浜名湖サービスエリアに近い浜名湖佐久米駅などを通っていきます。まずは新所原駅から前半の浜名湖佐久米駅までのよりみちです。

【よりみちレポート】天竜浜名湖鉄道をいく1〜新所原駅から浜名湖佐久米駅へ

日時:2013年9月
エリア:静岡県(湖西市、浜松市)

浜名湖をぐるっと囲むようにしてある天竜浜名湖鉄道を途中下車しながら、新所原から掛川までよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

新所原駅で天浜線に乗り換え

東海道本線の列車に乗って愛知県を過ぎて静岡県に入ってすぐの駅が「新所原駅」です。この駅で天竜浜名湖鉄道に乗り換えることができます。

天竜浜名湖鉄道の車両です。きれいな1両編成の車両でした。車両の中も普通にきれいですね。ウーーノがトイピアノとともに列車に乗るときは、トイピアノを前において座ります。トイピアノの後ろ側にちょうど足を入れるスペースがあるので、ぴったりフィットします。新幹線や特急列車の座席幅だと同じように前に置けますが、普通車だと置けないので、立って乗ることが多いです。

天浜線を途中下車しながらのよりみち旅には、「フリーきっぷ」がお得です。天浜線全線が1日乗り放題のタイプが1700円。ちょうど中間駅になる「天竜二俣駅」の西側だけ乗れるタイプ(みかんきっぷ)、東側だけ乗れるタイプ(茶畑きっぷ)がそれぞれ1400円。遠鉄電車と天竜浜名湖鉄道の半分が乗り放題になるタイプが1450円と、いろいろ選べます。

今回は、新所原から掛川まで天浜線を全線利用するので、1日フリーきっぷ(天浜線)を利用しました。

浜名湖佐久米駅で途中下車して、歩いて浜名湖サービスエリアへ

新所原駅から天竜浜名湖鉄道に乗って30分ほどで着く「浜名湖佐久米駅」で途中下車。浜名湖に沿って列車が走り、ちょうど浜名湖の北の端くらいにあります。駅を降りると、浜名湖の景色が広がる・・・の前に高速道路が立ちはだかります。これはこれで面白い風景かもしれませんね。

駅には「喫茶と食事 かとれあ」があるので、喫茶で列車待ちもできますね。

駅前で、みかんと牛とうなぎがお出迎え。これがこの辺りの特産品ってことですね。歩いていると、そこら中でみかん畑がありました。みかんで有名な三ケ日も結構近いですしね。

浜名湖佐久米駅の近くに東名高速の浜名湖サービスエリアがあるので、よりみちしてみました。駅から歩いて15分くらいです。なかなか歩いてサービスエリアに行くっていう経験ないですよね。

行ってみて思ったのは、やっぱり車優先だなぁと。どこから入っていいのか、いまいちよくわかりませんでした。歩行者向けの看板があまりないので、入口を探して結構迷う確率は高いです。

浜名湖サービスエリアへ。浜名湖を一望できるようになってます。遊覧船も出てるんですね。サービスエリアで浜松餃子と焼きそばをいただきました。のんびりできていい空間ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です