八百津の人道の丘へよりみち

岐阜県加茂郡八百津町に初よりみちしました。今回はよりみちコンサートのご依頼でうかがいました。昔は八百津まで名鉄電車も走ってたんですよね。今は最寄駅が美濃太田駅と中川辺駅です。そこからYAOバスなどのコミュニティバスが出ています。

人道の丘や、見晴らしのいい新旅足橋の上をご案内していただきました。

【よりみちレポート】八百津の人道の丘へよりみち

日時:2014年5月
エリア:岐阜県(加茂郡八百津町)

よりみちスポット

よりみちコンサートで出会った懐かしいチラシ

今回の演奏は、ご自宅での演奏。立派な外壁のお家です。ご職業が建築家なんだそうです。古いものと新しいものがうまくとりいれられていてとってもおしゃれなおうちでした。

なぜ今回演奏に呼んでいただいたのかを聞いたところ、「むかしのチラシ持ってるんです。」といって見せていただいたのが3年前のもの。昔のチラシを今まで大切に取っていただけたんですね!ありがたい再会でした。

演奏終了後には元気なようかい手々てんに出会いました。

人道の丘公園によりみち

初めて八百津町によりみちしたので、主催者の方によりみちスポットを聞いてみました。「人道の丘」がありますとのこと。このころはまだよく知らなかったのですが、最近「命のビザ」で知られるようになった「杉原千畝」の功績を称えて名前がつけられた公園です。公園内に「杉原千畝記念館」もあります。「杉原千畝」が八百津町出身ということで作られた公園なんだそうです。

そのほか公園内には、音が聞こえるモニュメントもありました。

新旅足橋からの絶景

「人道の丘」の他にも、ここの景色が素敵です、ということでご案内していただきました。国道418号線を東へ進むと、見えてくるのが旅足川にかかる「新旅足橋」です。川にかかる橋のはずですが、川が見えないほど高くを通っています。これは絶景ですね。歩いていこうとするとちょっと大変です。

紅葉の季節は綺麗に見えそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です