2016年夏のよりみち旅5〜佐渡汽船で佐渡ヶ島の小木港へ、佐渡で使えるバスフリーパス[変更]

新潟県の佐渡島を4日間よりみちして回りました。まずは新潟県上越市の直江津からフェリーに乗って、佐渡島の西側にある小木地区へ。

佐渡ヶ島での移動は「新潟交通佐渡」のバスが便利。各地に運行しています。1日〜3日まで選べるお得なバスフリーきっぷもあります。

”【よりみちレポート】2016年夏のよりみち旅5〜佐渡汽船で佐渡ヶ島の小木港へ、佐渡で使えるバスフリーパス[変更
” box_color=”#d6ebff” title_color=”#000000″]

日時:2016年8月
エリア:新潟県(佐渡市)

2016年夏のよりみち旅は、長野県、新潟県、秋田県、山形県をよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

直江津から佐渡ヶ島の小木港へ

佐渡島へ渡るには、フェリーがいくつか出ています。3航路ありましたが、2019年5月で寺泊〜赤泊の航路が廃止となり、2航路になりました。佐渡島の赤泊は、島の真ん中あたりにあります。

現在は、直江津港から佐渡島の西側にある「小木港」へ行く航路と、新潟港から佐渡島の東側にある「両津港」へ行く航路の2つがあります。

「小木港」へ行く船は、高速カーフェリーで車とともに乗船できます。「両津港」へ行く船は車とともに乗船できるカーフェリーと、車は載せられない高速船「ジェットフォイル」があります。全て、佐渡汽船が運航しています。ホームページからネット予約もできます。

【佐渡汽船HP】

今回は直江津港から佐渡島の「小木港」へ向かう高速カーフェリーで向かいました。

高速カーフェリー「あかね号」で佐渡島へ渡ります。直江津からおぎまでは1時間40分の船旅です。

船の外側にある通路には「カモメにエサをあげないでください」という注意書きがあります。船の周りにカモメが飛んでくるんですね。

「あかね号」は全席座席指定になっています。席種は2種類あって、船の前方で海の景色が見える「ときテラス」という1等席と、普通の座席の2等席です。

のんびりした船旅です。船尾のところから少しだけ外に出られました。船の通った道が白く見えます。

「アースセレブレーション」の準備が進む小木港

100分の船旅で、佐渡島の小木港へ到着。

佐渡おけさの銅像がありました。

港近くの「城山公園」では舞台や屋台の設営をしてました。ちょうど「鼓童」などが出演するアースセレブレーションが次の日から開催される予定でした。どこかでイベント見られるかな?!

佐渡ヶ島をバスで回るなら「フリーパス」

新潟交通佐渡が運行している佐渡島内の全ての路線バス(定期観光バス、ライナーバスは除きます)が乗り放題になるフリーパスを販売しています。

1dayフリーパス、2dayフリーパス、3dayフリーパスの3種類があり、2day、3dayには観光施設、飲食店、お土産物屋さん等で使える「施設利用券」が付いてきます。

ですが・・・

2017年に変更となり、「施設利用券」が廃止になりました。便利でお得だったので良かったんですが、残念です。ただ、3dayフリーパスは3500円から3000円に少しお得になりました。

1dayフリーパスは1500円、2dayフリーパスは2500円、3dayフリーパスは3000円です。

バスで小木から西の先の方へ向かいます。宿根木線で終点間近の「白木」へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です