北関東よりみちの旅12〜わたらせ峡谷鉄道&上毛電気鉄道に乗る

栃木県日光市の足尾と群馬県の桐生を結ぶ「わたらせ峡谷鉄道」と、群馬県の桐生市と前橋市とを東西に結ぶ「上毛電気鉄道」を乗り継いで、足尾から前橋に向かいました。途中、運動公園駅から上毛電気鉄道の桐生球場前駅に乗り継ぎました。

【よりみちレポート】北関東よりみちの旅12〜わたらせ峡谷鉄道&上毛電気鉄道に乗る

日時:2015年11月
エリア:栃木県(日光市)、群馬県(みどり市、桐生市)

千葉県からはじまり、茨城県、栃木県、群馬県と北関東を横断しながらよりみちしてまわりました。

よりみちスポット

通洞駅からわたらせ峡谷鉄道に乗車

わたらせ峡谷鉄道の、足尾駅の隣の駅「通洞駅」から乗車しました。

2両編成で、エンジ色の渋い車体でした。座席の方は混んでいたので、外の景色が見える2両目の一番後ろで景色を楽しみました。

渡良瀬川沿いを走っていく「わたらせ峡谷鉄道」

渡良瀬川の流れに沿って走っていきます。

山の中の川沿いを走るので、たくさんの橋やトンネルを通っていきます。紅葉の風景を楽しみながら、1時間の乗車はあっという間でした。

上毛電気鉄道に乗り換え

終点少し前の「運動公園駅」で下車。結構降りる人もいました。とっても簡素な造りの駅です。

その名の通り運動公園があります。桐生球場や、桐生市民プール、相生庭球コート、桐生市民体育館など、様々な運動施設があります。

空が夕焼け色に染まっていきます。

枯葉よ〜♪という歌が似合いそうです。前にテレビ番組「ヒルナンデス!」でローカル線の駅ごとに名物探しをする企画でこの辺りもやってましたが、運動公園以外近くにはないので、かなり歩いて探したはずです。

桐生市運動公園を通り抜けるように数分歩いて、西側に上毛電気鉄道の「桐生球場前駅」があります。こちらもとっても簡素な造りの駅です。

この駅で20分ほど電車待ち。線路が2本走っていますが、向こう側の線路には駅のプラットホームがありません。上毛電鉄の列車を待っている間に、何本か向こう側の線路を電車が通過していきます。向こう側は城毛電鉄の線路ではなく、東武鉄道の赤城行きが走っていました。

上毛電鉄の車両は、とってもレトロな感じの車体です。

ちょうど学校帰りの時間です。座席は全部埋まっているような感じの混み具合です。

上毛電鉄は、自転車の持ち込みがOKです。岐阜を走る養老鉄道なんかも、サイクルトレインありますね。

45分ほどで、終点の中央前橋駅に到着です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です