沖縄八重山よりみち旅6〜与那国島、島の東端「東崎灯台」へ

沖縄県の与那国島の最西端の碑から「祖納地区」に戻って、ご当地Tシャツを買いに「オネマヒナ」というお店によりみちしました。お店の方のご好意で、与那国島の東端にある「東崎灯台」などを案内していただけました。

【よりみちレポート】沖縄八重山よりみち旅6〜与那国島、島の東端「東崎灯台」へ

日時:2017年1月
エリア:沖縄県(八重山郡与那国町)

沖縄県に初よりみち。八重山諸島の、与那国島、石垣島、波照間島、西表島、小浜島、竹富島を巡りました。

よりみちスポット

ご当地Tシャツがある土産物屋「オネマヒナ」へ

バスで「祖衲」に戻って、与那国町役場から10分ほど東に歩いて行ったところにある、お土産物屋「オネ・マヒナ」へよりみちしました。

与那国Tシャツが欲しかったんです。

いろんなオリジナルTシャツや、グッズがあります。黒い与那国Tシャツを購入しました。

写真撮り忘れ・・・

「オネ・マヒナ」にてようかい手々てん発見。

ここで与那国島のよりみちは終わりかなと思って、お店の方とお話ししてました。「東崎の方は今回は時間的に無理そうなんですよね」なんて話をしてたら、急遽車で案内していただけることに。

もうすぐ閉店の時間で、この後マラソンの練習で外に出るからいいよ・・・とのこと。

ありがたや〜!

与那国島の東側に広がる自然の風景

「東崎灯台」の他にも紹介したいところがあるから・・・と、道すがらにいくつか連れて行っていただきました。

車から降りて細い道を進んで行くと・・・

断崖絶壁。これぞ与那国って感じです。

この断崖から下を覗いてみると。少しだけ砂浜が。これが、通称「六畳ビーチ」というんだそうです。

地元でも昔は隠れたスポットになってたんだけど、ある時、与那国の近くで船が座礁した時に、この浜を使って作業員が船まで行ったことで、有名になっちゃたんだとか。

崖ですが、一応下りていけます。さすがにトイピアノとともにはいけませんでした。

ここが奇跡的によりみちできた、東崎。東崎灯台がみえます。与那国島の西と東、両方ともよりみちすることができました。

「オネ・マヒナ」の方、ありがとうございました。

ちなみに、東崎は牧場になっているので、牛たちがいます。ですから、歩く時は牛の落し物にご注意!

与那国から石垣へ

与那国空港に戻ってきました。実質一日しかいなかったけど、とても濃い一日でした。

空港も見て回りたかったけど着いたのが結構ギリギリで、あまり見ることができませんでした。その代わり、今回はたくさん自然に触れることができました。

与那国から再び石垣へ戻ります。

そして、今回のメインだったはずの波照間へ向かいます。メインだったはず・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です