「こいやーかすがまつり」へ、雨のトイピアノ移動方法

ウーーノは結構晴れ男ですので、だいたい演奏する日は雨は降らないのですが、ごく稀に雨に降られることがあります。そういう時の、トイピアノ移動方法もちゃんと用意してあります。

毎年10月に岐阜県揖斐郡揖斐川町の春日地区で行われる「こいやーかすがまつり」にウーーノも参加しました。あいにくの天気でしたが、トイピアノ演奏を届けてきました。

【よりみちレポート】「こいやーかすがまつり」へ、雨のトイピアノ移動方法

日時:2013年10月
エリア:岐阜県(揖斐郡揖斐川町)

よりみちスポット

雨が降った日のトイピアノ移動方法

ビニールをかけて、クリップでサイドを止める。

以上!

ビニールのシートは折りたためるので、持ち運びも便利です。サイドをクリップで止めますが、これは、首からかけるヒモを邪魔しないようにうまく包みます。

こうすると、流石にトイピアノを弾きながらは歩けませんので、大人しく歩いていきます。

レトロな列車と駅舎お養老鉄道

JR大垣駅から出ている養老鉄道の揖斐行きで、終点の揖斐へ。25分ほどで着きます。

養老線は、サイクルトレインで、自転車を持ち込んで乗車することができます。ですが、流石に雨の日なので、自転車の乗車はありませんでした。

揖斐駅も列車も色合いがレトロですね。車体の色も、ウーーノのトイピアノのようなマホガニー色です。

会場のかすがモリモリ村へ

揖斐からお祭りの会場である「かすがモリモリ村」へ向かいます。「かすがモリモリ村」には「リフレッシュ館」に薬草風呂の施設があったりします。銭湯価格で入浴することもできます。

今回は揖斐駅から車で送迎をしていただきました。だいたい30分ほどで到着。

ちなみに、公共交通機関でモリモリ村に向かう場合は、揖斐川町コミュニティバスを利用します。1時間半ごとに1本くらいで運行しています。揖斐からモリモリ村までは30分ほどで、200円です。

雨のお祭りへ。舞台が・・・遠い! 皆さんはテントの下で舞台の出し物を見物していました。ウーーノも舞台で演奏。みんなとの時差を感じます。

あとで思ったんですが、トイピアノは移動させることができるので、テントの下で演奏すればよかったなぁ・・・

お祭りの名前が「こいやーかすがまつり」。これは、あの名前の方、来なきゃダメですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です